-------- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2010-08-09 Mon
鑑賞:芸術作品などについて、自分の立場からその良さを味わうこと。
映画もこの夏沢山見たいなぁ、
って事でレンタルショップやらTV、
劇場へ足を運んだのは先週のこと。

とりあえず、観た物と、こちょこちょっと感想をば。

パラノーマル・アクティビティ

すんません、ホラーなんだけど凄く怖かった。
レンタルして、妹と観てたけどクライマックスで二人して「ギャー」って叫んだからマジで。
で、後で「本当に「ギャー」なんて叫ぶ声出る時は出るんだ・・・。」
って言い合ったから。
ネットで評判を見る限り、
凄く怖かった人と全然怖くなかった人が極端に別れている様だ。
見える怖さより、
心理的に、精神的に、
「見えない恐怖」に追い詰められていく主役二人に感情移入出来るかどうか。
そこがこの映画を楽しめるかどうかのカギだ。
ホラーゲーム「零」シリーズの雰囲気が好きな人ならきっと楽しめる。

ごくせん THA MOVIE

「ごくせんは永遠に不滅です」
のキャッチを持つ、ごくせん最後の集大成映画。
そう銘打たれてる割には、
私的に、ごくせん史上原作でも欠かせない「あの生徒役」が出演してない・・・。
それだけで、「これで終わり・・・?」って感じが否めない。
いや、でもヤンクミは超カッコイイ事に変わりは無くて良かったけど・・・。

死にぞこないの青

これもレンタルで、
でもディスクに傷が付いていて、最後の4章分位がチャプターからも観れなかった。
非常に残念・・・。orz
原作は乙一で、原作も「やりきれない話だなぁ・・・。」と漠然と感じてたが・・・。
映像化してもやっぱりやりきれない感満載だった。
とりあえず、羽田先生の最低人間っぷりを演じた城田優さんに拍手!

ぼくたちと駐在さんの700日戦争

学校の仲間に面白いからって勧められて観た。
うん、すっごくベタベタな青春映画だと思った。
けど、安定してて安心する。
こーゆーのもたまにはいいかな・・・・。
大人げない「駐在さん」がこどもの「ぼくたち」となんだかんだ言って夏を満喫する。
(どうしても観てると何故か駐在さん視点で観てしまう!)
暑い日々の熱い話。

ワンピース オマツリ男爵と秘密の島

細田守監督・・・・爆発し過ぎです・・・・。
ハウルの動く城での一件を、こんなトコで解消するなんて・・・w
絵も、声優も豪華で、素晴らしい・・・・でも話が・・・。orz
これを観たのが今で良かったと思う。
子供の時見たら、絶対間違いなくトラウマwwww
ホラーと呼び声高いので、ホラーとしてレンタルした。
映画館で流れた映像より、DVDでより表現がマイルドになってもこれかよ。orz
どんな映像映画で流したんだよ・・・気になるよクソぅ・・・。
子供向けじゃない・・・こんなルフィ海賊団知らない・・・。
でも、ワンピース映画は10本もあるんだし・・・。
一本くらいこんな異色作があったっていいかな、とも思う。
大塚ボイス最高!

サマーウォーズ

同じく細田守監督。
金曜ロードショーで観ましたともええ。
「オマツリ男爵」あっての「時を駆ける少女」、そして「サマーウォーズ」。
そう考えると、「オマツリ男爵」は仕方なかったのかなぁ・・・・。
とも思わせる位、面白い良い作品だった。
観てると花札遊戯「こいこい」がやりたくなる。
でも家に花札無いや・・・・。orz
ヒットする理由を「宮崎駿監督作品との共通点があるから」として例えるなら、
女性が主役だったり、強い権力を握っていたりするところ。
意外にこの理由は、的を射ている様な気がする。

借り暮らしのアリエッティ

映画館に観に行ってきました!
海外作家が描く小説、「床下の小人たち」が原作。
ネタバレは控える。
ただ、個人的に鑑賞後の後味の良さはとても爽やかで良い。
子供向けと言うより、少し大人めな映画。
そしてジブリファンにとっては、
様々な場面でこれまでのジブリ映画のパロディを探せるおまけ付き。
「この構成、この動き、どっかで観た事あるぞ・・・!」って思える。
主役が小人だけあって小物を利かせた演出も多分にあり、
玩具の「シルバニアファミリー」が大好きな私にとってはたまらん描写も。
思わず目をキラキラ輝かせて「ウヘヘ」って言うトコだった・・・!(キモっ!

告白

これも映画館へ。
R-15ってのに妙な引っかかりを覚えて、予感は的中。
ネタバレは控えるが、とにかく暗い!・・・暗すぎる。
一緒に行った友、っぽいも「救いが何も無かった・・・」と言っていた。
後に、原作の小説を少し立ち読み。
原作に忠実すぎます・・・・。
しかも、原作より映画の方が表現的には勝ってる・・・・。
こんな映画がヒットを飛ばすなんて・・・・。
確かに、脚本、演技、演出なんかは凄い・・・凄いけど・・・・。
なんて言えばいいか・・・・言葉が上手く出てこない。
とにかく、何が真実で何が嘘なのかはこの際一切関係無い話だ。
タイトルは「告白」とあるが小説では中の文章により、このタイトルが生きてくる。
ただ・・・映画のタイトルは「復讐」でも通用するのでは・・・・?
と、・・・・・思う。

映画はこの辺にして、次は本でも読もうかと思っている。

そう言えば、この間の土曜に金剛山に登って来た。
久々の山の空気に心底満たされた。
山頂から見降ろす景色はとてもとても遠かった。
代わりに見上げた空雲はとてもとても近かった。
母と行ったが、写真も沢山撮った。
やっぱり山はいい。
最高にエキイサイティングな一日だった。
ただ、今・・・・・久々の登山で脹脛の筋肉痛が酷い。

あぁ、山と言えばコミックスの「岳」が、
として来年実写映画になるそうな。
祖父と見に行こうと、今から息巻いている。
楽しみだ・・・!!!!
スポンサーサイト
別窓 | 映画話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2010-06-19 Sat
失敗:やり方がまずかったりねらいがはずれたりして、目的が達せられないこと。
今週の水曜日、
たまたまレンタルビデオショップの前を通りかかった。
そこのレンタルショップは毎週火曜日に200円均一セールをする。
その日は水曜だと言うのに、セールをやっていた。

「今日水曜日ですよね?」
と、僕は店員さんに尋ねた。
「店長が時々気まぐれで火曜じゃ無くてもするんですよ。」
と、店員さんは教えてくれた。

この際だから何か借りようと、
200円で「自殺同好会」と言うホラーDVDと、
100円で「パプリカ」と言うアニメDVDを借りた。

失敗した・・・。
前者を目当てにして借りたのに、後者の方が圧倒的に面白かった・・・。

自殺同好会
この時期になるとホラーを見たくなる。
で、
楽しみにしてたのに・・・。
まさかの韓国映画・・・。orz
字幕でしか鑑賞できなかった。
日本の「自殺サークル」を少しなぞった様な内容で、
先が見え見えの、
自殺するために集まった11人が順に殺害されて死んでいくだけの、
80分程度の単調な映画だった。
犯人も想像通りであれば、
犯人が犯人になった動機も素晴らしくありがち。
最後に「自殺が無い世界を祈っている」的なメッセージを残して終わり。
「自殺サークル」の方が、個人的には面白かったかな・・・。

パプリカ
面白かったんだなぁ。
これが意外と・・・。
原作は「時をかける少女」の筒井康隆氏の小説で、
比較的難しい内容を色彩の美しい映像美で再現していた。
まぁ、多くは語るまい。
興味がある人は、是非見てみるといい。
同じマッドハウス制作の「東京ゴッドファーザーズ」もいつか見てみたい。

「ホラーを楽しむ」目的では失敗した。
けど、まぁ、2本中1本は楽しめたから半々かな・・・。
複雑な心境。
別窓 | 映画話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2010-03-19 Fri
マナー:(礼儀作法にかなっているかどうかという観点から見た)態度。
この間Kと見に行った映画の話でもしようと思う。
「ラブリーボーン」と言う映画を見てきた。
のだが・・・・・。

音響とカメラワークは抜群なのに・・・。
何故か話がイマイチよく分からない映画だった。
一体何が言いたかったのか・・・・・ピンと来なかった。
一緒に行ったKも、
「なんか、全然ピンと来なかった。」
と言っていた。

なんか凄く見る人によってはトラウマになりそうな映画だった。
名前とは裏腹に、サスペンスものだったのだが・・・。
主人公が殺されるシーンの心理描写と犯人の構想がヤケにリアルで怖かった。
音響とカメラワークが良いだけに演出に拍車をかけて怖かった。

まぁ、内容に対してはそんな感じなんだけど・・・。
個人的に面白かったのはこれからの話。

隣に女性が座っていたのだが、
女性はでっかいポップコーンを一人貪り食っていた。
映画予告が始まるや否や手元が狂ったのか何なのか、
ポップコーンを床にぶちまけて必死に拾い出した。
俺も手伝った方がいいのか迷ったが、
女性がぶちまけたのは左隣に居る俺の席ではなく・・・。
幸い誰も座っていない女性の右隣の席だったので・・・。
遠くて手出し出来なかった。
それから映画予告が終わって、
映画が始まってすぐの時、
女性の右隣にスーツを着た男性が遅れて座りに来た。
ぶちまけられたポップコーンに目が点の男性。
しかしそんなポップコーンの反乱に負ける事無く、
男性は無事席に着いた。
映画の中間辺りで今度は俺がこともあろうに、
トイレに行きたくなった。
映画館のジュースのMサイズって何であんなに大きいんだろうね。(笑)
限界が来たので、
立ち上がって「すみません」と小声で謝りながら、
礼儀正しく会釈し足を引っ込めて下さった女性の前を通り、
足を組んでスクリーンを見ていた男性の前を、
やはり「すみません」と小声で謝りながら通ろうとした時、
男性はすこぶる不機嫌そうな顔でこっちを見た。
そして、
足を引っ込めてくれなかったので、
俺はつい足を踏んでしまった。
そこから先はもう男性の顔が見れなくて、
ただひたすら「すみません」を連呼しながらトイレへ猛ダッシュした。
そしてその後、
映画の終わりまで俺は後ろで立ち見をした。
だってそうだろう?
来るなりポップコーンが散らばってて、
途中で出ていく俺に視界を遮られて、
足まで踏まれて、
更にそれを繰り返すかもしれない様な行為があってなるものか。

あの男性は将に踏まれたり蹴られたり殴られたりだよ。
折角一人で羽を伸ばしに来てるかもしれないのにさ。
これじゃあんまりだよな。
それに比べりゃ俺の立ち見なんてどーってことないってホント。
故度は本当に申し訳ございませんでした・・・・。orz

映画にジュースのMサイズはもう一生買わないでおこう。
第一、
上映中にトイレに立っていいのは端っこの席の人だけの特権だよな・・・。
と強く思った。

妙なマナー勉強した気がする。
別窓 | 映画話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2010-02-09 Tue
酔う:乗り物の動揺や人込みなどのために、気分が悪くなる。
大分遅くなった。
先々週の日曜日(1月31日)に、我が友朱想華と映画を見てきた。
いやね、
本当はアバターもいっそ好きな人と行ってみたかったんだ・・・・。
だけどさ・・・・・。
メールでの・・・。
「吐くかもしれないけどそれでも良ければ」
とか言う余りにもゲロ臭い誘い文句のせいか返信すら無くwwwww

いーよ別に・・・・どーせいつもメールは一方通行さ・・・・。
あーあ、既に片思いかもなのに無駄に熱いのは悪いクセなのかねぇ全く・・・。

orz
orz
orz
orz

ええ、ええ。
だから破れかぶれで普段しない事やってやったとも。
二本一気に見るとか普通しないけどやってやったよ。
遊戯王3Dとアバター3Dの二本立てで。
一日に経験した事無い3D二本とか酔わないか心配だったんだけど・・・。
案外大丈夫だった。
むしろ一緒に行った朱想華が後半ちょい「大丈夫か?」って状態だった。

ちゃうって。
ちゃうねんって。
3Dはええねんってば。
何があかんかって言うと・・・・。
3D「メガネ」のツル部分の幅が狭すぎて頭痛くなってん!

これは大阪弁全開で反論の余地がある!(何言ってんの!?w
最初に見た遊戯王はゆるくて大丈夫だったんだけど・・・。
アバターのメガネのツルの狭さがパねぇwwwworz
ってか、
映画によって何で使用するメガネ違うん!?
って朱想華と疑問だらけだったよ。
しかも目が悪いので、
通常メガネの上から3Dメガネwwww
そうしないと見えないんだよ・・・・・!orz
重いし痛いし、かけ辛いったら無かった・・・・!!!orz
改善してほしいね・・・・全く。

えーと・・・映画についてはネタばれなんで、内容端折って感想を。

遊戯王
えーと。
超初代しか知らんので、遊戯の時代しか主人公も登場人物も分からず・・・・。
ペガサスやらラスボスの変顔に吹き出しそうになったり、
ラスボスの目的達成の為の回りくどい計画に吹き出しそうになったり、
主人公達の意思疎通の出来過ぎ感に若干吹き出しそうになったり、
こう・・・吹いたら負け的要素が多少あったけども、
楽しく見られた。
入館前に配られた入館者限定レアデュエルカードは・・・・。
時と場合を読んで高値が付きそうになる時に売るために大事に持っておく。

アバター
話は王道。
「タイタニック」を上回る客入りと聞いて期待してた。
だって「タイタニック」を映画館に見に行かなかった事を当時心底後悔したから。
賞味、見て・・・・・3Dが人気を集めていたんだな・・・と思った・・・。orz
でも、思ってたよりアバター達は意外と可愛かった。
「見ると現実に絶望する映画」と言われてたらしく期待していたが・・・。
別に絶望感は無かった。
心の拠り所を亡くした主人公には、
新世界に行かない理由は何も無いだろうしな。
DVDで発売される時に3Dメガネは付くらしい・・・あのツルがキツイのは勘弁だけど
しかもDVD特装版にはなんと、
特典映像でアバター同士のエッチシーンが付くらしい。
人間とはヤリ方が違うんだってのを説明してくれんだってよ!
気になるじゃないか!!!!wwww
これは・・・・・・・ちょっと検討したいな・・・・・wwww

とまぁ、そんな感じだったよ。
大丈夫、吐かずに見られたんだからクリアだ!

近日で、今後見に行きたい映画と言えば・・・・。

○カールじいさんの空飛ぶ家3D(間に合えば)
○コララインとボタンの魔女
○パラノーマル・アクティビティ
○のだめカンタービレ最終楽章前編
○レイトン教授と永遠の歌姫
○バレンタインデー

かな・・・・。
今度、友人Kとも一緒に見に行こうかと言ってる。
全部は無理でも、何本かは見てみたいなぁ。
3Dが大丈夫と分かった今、敵は無いぞ!!!!wwwww
別窓 | 映画話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2009-12-13 Sun
暇:「ひま」の雅語的表現。
えー・・・いとまと呼びます。

最近ブログの更新が滞っている。
けどそれは毎日暇なく充実していると取って頂いて構わない。

さて昨日、「ONE PIECE FILM STRONG WORLD」を見てきた。
木曜日、前売り券を土曜の座席チケットに引き換えに行く時点で、
店員:「18歳未満の方は観覧出来ない22:00以降のチケットしかもう残っておりません。」
と言う状態。
公開一日目はオールナイトなんですね、分かります。
で、私は友達と22:50からの放映分を見に行った。

映画館には約30分程前に到着したにも関わらず、凄い人だかり。
グッズ売り場にも凄い人だかり。
フィギュアは売り切れたらしく、その他の細々したグッズが並んでいた。
いやね、パスケースがめちゃくちゃカッコ良かった・・・・。
買ってないけど・・・・!
そして、放映時間が近づくに連れて人も更に増える増える。
時間帯が時間帯だけに、小さな子供とか居なかったけど・・・・。
でもさ・・・・。
この放映終わる頃には終電無くなってるんだよ?皆御近所?車?ホテル?
どうなのよコレ?
因みに俺らカラオケでオールみたいな・・・。
いやはや、土曜日パワーって凄いね・・・・。

時間が来て、皆一斉に劇場になだれ込む。
配られた、来たよコレ。
話題沸騰の0巻
偶然傍に居た3人組位の女性たちがハイテンションで、
「やった~!0巻だ!私今死んでもいい~!!!」
なんて歓声を・・・。
(おぜうさん方、命は大切に、くれぐれも、大切に!!!)
とか、内心ほんの少し思いながら、
0巻ヒャッホ~イ!
って、胸躍らせたね。

さて、肝心の映画ですが、内容には触れずに感想を・・・・・。
流石尾田さん総指揮だけあって
なんともまぁ、
キャラクターの丁寧に描かれていること描かれていること。

もうね、呼吸してる。
絵が生きてた。
一人一人が精密に、繊細に、躍動感溢れるというか、臨場感溢れるというか。
特にナミがあんなにアニメ画で綺麗だと思ったのは初めてだった、いや実に美しかった。
ブルックはアニメで初めて見たのだけど、声優のチョーさんが意外にも渋いめの声で好みだった。
ストーリーは、最後若干詰め込みすぎた感があり、疑問も多く残ったが・・・。
迫力は余りある程で、スリルと興奮は十分だったし見てスカッとした。

そんな何とも清々しい気分で劇場を後にし、映画館ホールまで戻ると・・・。
そこには既に次の1:00~の放映を待つ人の軍勢が・・・!
だからさぁ・・・。
皆、終電もう無いよ?どうやって来たの?御近所?車?ホテル?
ってかさぁ・・・。
本当に今、深夜1時なの?活気に溢れすぎじゃない?
いやはやホント凄いよね、土曜日マジックだよ・・・・。

で、その後・・・・。
いつも通る様々な箇所が封鎖されて迷路みたいになってる、
人通りの無いガラッとした梅田をさ迷い歩いてカラオケにやっとこさたどり着いて、
オールして帰ったよ。
あんなにガラ空きな梅田初めて見たわ。
BU☆KI☆MIやなマジで。
(笑)

疲れた・・・・疲れたけど・・・・楽しかったよ!!!!
別窓 | 映画話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| 日々の雑念めいたその他もろもろハイパー | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。