-------- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2008-09-28 Sun
寝床:寝る為に整えた敷物・布団など。
お前な、ブログでもーちょいマトモな文章書けないわけ?
お前のブログな、何かこう・・・人間らしくなくて怖いっての。


ほほう、ならばキミ的にはどういったのが人間らしいと言うのかね?

もっとさぁ、普通に今日あった出来事を簡潔に書いたりさ・・・。
自分のお気に入りの物を写メで撮って紹介するとかさ・・・。
漫画とかCDとかの創作物以外で


はぁ・・・時々しているのだが・・・それについてはどうなのかね?

いや、何かお前時々この世界に生きているのが疑わしくなる様な事書くだろ?
それがどうかと思うんだ。
もっとこう、生々しい・・・・


そうかね、そんなに君は・・・つまりワシのブログがおかしいと言いたいんかね。
生々しい・・・何だね?
続きを言いたまえよ、さぁ、早く


生々しい・・・実生活に基づく何かをブログに取り入れてみてくれよ。
何かこう、読む側が安心出来るような・・・。
ああ、このブログ主は人間だなぁって思える様な・・・。


黙って聞いていれば、君はいけしゃあしゃあと大分失礼な事を言いなさるな。
分かった書こうじゃないか。
ワシの日常生活の断片をチラッと覗かせてみようぞ。


そんなメールのやりとりで、書いてみようと、ワシは思ったわけだ。
生活臭漂うブログの一ページも、たまにはええもんじゃろ。
とか思いながらな。
そんなわけで、どうしようかと思い悩んだ末、奴の言葉通り・・・。
お気に入りの物を写メ撮りして紹介するぞ。
ただ、物じゃなく、場所なんだがの。
ワシがお気に入りの場所、即ち寝床ですわい。
ワシに限らず皆大好きな筈だ、布団の中と言うものは。
人は、人生の3分の2位は布団の中じゃろうて。
睡眠こそ日常生活の究極だと言う結論に達した訳だ。
まぁ、ワシャどこでも寝るがなw
それでも一応所定の寝床はあるのだ。
そこを写メ撮りしてみた。
それがこれだ。↓

寝床

大好きなんだ、「二階に誰も居ない二段ベッドの一階」が。
「二階に誰か居る一階」も、「二段ベッドの二階」も、「二段ベッドの二階が無い二段ベッド(だったもの)」も好きじゃないが、「二階に誰も居ない二段ベッドの一階」だけは、格別だ。
狭さ加減、暗さ加減、静けさ、そして何より占領感。
どれを取っても最高だろうて。
その線で行くと、「二段ベッドの二階」も良い線行ってる様に見える。が・・・・・・。
何分梯子を使った上り下りが面倒なんで除外だ。
見えるのは二階の板天井の染み、明かりを消すと真の闇。
よく金縛りに合う時、誰も居ない上の階から何かが降りて来る感覚を味わう事だって出来る
この間も両手のひら位の大きさの巨大な黒い蜘蛛が・・・。
4、5匹二階の柵から垂れ下がって降りてくる幻覚と闘ったばかりだ。

「あんたの汚ない!」
「失敬な!ワシの寄るな、触れるな、チョッカイ出すな!!
家族からはよく、「巣」等と不本意な呼ばれ方をしているこの場所だが・・・。
ワシからすりゃここは「城」なのだ。

枕の下や横には十数冊のエロ本、ゲーム機、携帯、MP3プレーヤー、イヤホン2個、目覚まし時計、筆記用具一式、落書き用のノート、ダンベル、謎の鍵etc.
と言う風に、寝たきりでも一通り何でも出来る環境がある。
ネットもPSPで見れる範囲であれば出来る。
時々、見慣れぬお菓子の袋も出てくる。
更に余談ではあるが・・・。
風邪をひいた時や具合が悪い時、二段ベッドの一階であれば点滴を打つ事も容易だ。
何の事は無い。
二階の柵にS字をひっかけ、そのS字に点滴を吊り下げれば良いだけの話だ。
そのS字も、勿論いつも枕元に常備している。
写真でも紫色のそれは向かって左奥に見てとれると思う。

・・・・と、こんなところであろうか。

どうだ、ワシの生活臭漂う寝床は如何なものかね?
ワシはぶっちゃけこんな物見て楽しいとか絶対誰も思わんだろうと心底思うんだが・・・・。

その辺どないなモンかのぅ??
スポンサーサイト
別窓 | 日常話 | コメント:1 | トラックバック:0 |
2008-09-26 Fri
書く:(あとに残すために)表そうとする何かを目に見える形で示す。
書くとはとりとめもない事であってしかるべきだ。人は何故書くのだろう。と言う問いをどこかで何度も目にしたことがある。愚問だ。書きたいから書く、残すため、留める為に書く、例えそれが紙と言う媒体ではなくても、物質として存在しなくても。人それぞれだが、俺は、俺の場合は、書くしかないから書く。書かなければ俺はきっと忘れる、頭が回らなくなる、死ぬ。書く事を完全にやめた時はきっと考える事もやめる。例え書いて書いて、書いたところで何もならなくたって、書くしかない。書くと考える以外の選択なんか出来ない。書くのは簡単でそれでいて難しい。何を考えれば何も考えずスラスラ書ける事が出来るようになるだろうか。書くだけでは駄目だと言われようが俺には書くしかない。最近書けない。書けないから思想が出てこないのか、思想が出てこないから書けないのかは定かではない。ただ、書いたものに失礼が当たらない言い方をするならば、書けないがそれは書かないのではないのでよしとする。そのうち書きたくなるまで待てばいいのだから。とにかくもう、書くしかない。書いてどうなる訳でもないが、とりあえず書くしか思いつかない。何故書くのかとかそんなのどうでもいい。書くから書くのだ。いつか読む事より書く事の方が安易に出来る様になりたい。呼吸をする様に、ごく自然に書ける様になれたらその時こそ書く事の素晴らしさを思い知れる気がする。そんな風になる為にはどう考えても書くしかない。その考えにしか行き当たらない。もっと簡単な方法があるのかもしれないが、今の俺にはそれが限界。書いて、書いて、それから書いて、その後書いて、それでも書いて、それからどうなる。どうなるだろう。どうにでもなれ。うん。そうだ。書くだけ書いたら後はどうにでもなってしまえ。実は、書くのはそんなに好きではない。嫌いでもないが。でも書かずにはいられないのは書くと言う行為を知っているからだ。書く事により編み出される文字の羅列が面白い。そう思っている間にもほらこんなにも、ノートの切れ端に、このブログに、ケータイのメモ帳に、書く書く書く。そうだ、本当にもう俺には書くしかないんだな。書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしかない書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書くしか書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書く書くk

さて問題だ。「書く」と一体何回俺は書く破目になっただろうか。正解しても何も出ないが。やれやれどうやら書くしかないのか、書くしかないらしいと今日も肩を落として書くしかなさそうだ。
別窓 | 奇妙な話 | コメント:1 | トラックバック:0 |
2008-09-17 Wed
質問:分からないことや知りたいことについて、相手がそれに応じたことを述べる様に求めること。
ちょっと聞いてよ。
この間、友達に連れられて巷で噂のネットカフェとやらへ行ったのよ。
難民探す勇気は流石になかったけど、
あそこって確かに落ち着くし、病みつきになりそうな雰囲気なのよ。
ネットとか一切せずに9時間漫画読み耽ったけど、居心地良かったわ、ホント。
別料金だけどシャワーもあるみたいだし、泊まろうと思えばアレは泊まれるわ。
飲み放題のドリンクが豊富なのもいいし、アイスクリーム食い放題もいい!
御値段はちょこっとお高めかもしれないけれど、一度お泊りしてみたいかな。
月1の贅沢って位で丁度いいかもしんない。
とりあえず、今回行って分かった事は自分の漫画を読むペースかな。
読みたい漫画が沢山並びすぎてて、どれから読んだものか相当に悩んだ。
悩んだ末、手当たり次第読んでた。
約9時間丸まる使って、私が読める冊数は、約23冊前後だった。
ほら、よく速読術とかってあるじゃない?
あれを会得してたら、読むペースとかってやっぱ上がるのかな?
けどなんとなく、あれは小説とか文字の羅列を読むのには適しているけど、
漫画のコマ割の中の台詞を読むのには適してないのかな、とも思ってる。
もしも会得して読むペースが上がるなら是非会得してみたいな。
今回思ったのは、ネットカフェじゃなくて漫画喫茶でも良かったかな、って事。
漫画読むだけならね。
でも、あのネットカフェの個室とドリンク飲み放題も捨てがたいな。
あのネットカフェちょっと変わってて、ビリヤードも自由に使用できるみたいだったし。
ルール知らないけどね。
連れてってくれた朱想華には感謝感謝。
ってな訳で、結構まんざらでもなかったのよ、ネットカフェ。
想像してたのと全然違った。
どんな想像をしてたか・・・?
それは、あなたの御想像にお任せするわ。

さてお喋りが過ぎたので、そろそろタイトルの「質問」になぞって答えるわ。
漫画バトンだって。
またまた答えるのが大変そうなバトンを・・・・・・。orz

■好きな漫画5つ!!

たった5つ・・・・!?
絞るの相当しんどいな・・・。

 ・Crookclock
 ・魔探偵ロキ
 ・クリスト
 ・エレメンタルジェレイド~蒼の戦記~
 ・キュリオショップせぴあ堂

「好きな」と言っても、今回は「絵が」好きな、で選んだかな。
どれも原画集が欲しい作品ばっかり。
それにしてもガンガン系列が多いw
せぴあ堂だけめっちゃ浮いてる。
本当は、LOVELEESも入れたかったトコだけど・・・定数オーバー・・・。

■持ってる漫画本の数(文庫・廉価版含む)!!

私のだけで約1400位。
家族全員のを足すと2000位。

■好きなシーンは?

そんなの言いつくせない・・・・。
最近読んだ中で強いて一つだけ・・・一つだけ挙げるとすれば・・・・。
うーん・・・。

よしながふみ著:「愛すべき娘たち」の、第三話の最後のページ。
この人の作中の静粛な雰囲気の静止画は、どれもグッと来るものがある。
と言うのを、嫌と言うほど再確認させられる1ページ。

■好きな登場人物3人ずつ(最初の好きなマンガから)!!

皆好きなんだけどな・・・・。

「Crookclock」・・・ヒウレット、ミュララ、ジル
「魔探偵ロキ」・・・ロキ、トール、ミドガルズオウム
「クリスト」・・・トウワ、ケイ、カムロ、
「エレメンタルジェレイド~蒼の戦記~」・・・アシェア、ヴォルクス、ジィン
「キュリオショップせぴあ堂」・・・七海、マオマオ、真樹

■あったら欲しい、漫画のアイテム!!

えええ・・・ありすぎて困る・・・。
じゃあ・・・・。

「風の谷のナウシカ」のメーヴェが欲しい。
ありきたり・・・?

■使ってみたい、漫画の技(能力)!!

これもありすぎて・・・。
うー・・・・。

「とある空言、ボクの秘密」の主人公、翔太が持つ能力かな。
人間の本心、パラドックス・・・見てみたいかも。

■好きな漫画家は?

手塚治虫

この質問も書き出すと止まらなさそうなんで、敢えて一人に限った。
原点に返り、漫画の神。

■少年漫画派?少女漫画派?

どっちも派。
BLもGLも問わない!
目に付いたら片っ端から読み漁る。

■漫喫よく行く?

余り行かない・・・漫喫より、古本屋かな。

■漫画に関して自慢できることは?

セーラームーンの原画集(もち初版)を2冊所有している。
ブラックジャックのコミックス初版を15冊前後所有している。
ハーメルンのバイオリン弾きを全巻所有している。
・・・くらい?

■漫画がなくなったら死ぬ?

なくなったら・・・って、この世から・・・?
む・・・死ぬより、自分で描こうとするかもしれない。
し、復興する様に何かしら動き始めるかもしれない。
実際、そうする人は絶対多いと思う。
正味なくなるなんて有り得ないでしょ、この漫画大国でw

■回す人。漫画好きそうな人5人

打ち止めで。

あー、長かった。

あ、「質問」で思いっきり答えに詰まった事が最近あったんで、
それを続きにちょろっと書き足しておこうと思う。
全然大した事じゃないから、別に読まなくったっていいけどな。
質問:分からないことや知りたいことについて、相手がそれに応じたことを述べる様に求めること。の続きを読む
別窓 | バトン回し | コメント:4 | トラックバック:0 |
2008-09-10 Wed
自得:自分で悟ること。
今回は国語辞典パッと開け。
「自得」ねぇ・・・・・・・。
思わず前に「自業」と付け足したくなる様な単語を引いちゃった。
悟ることって言われても・・・・。
・・・じゃあ、ここ最近で一番自分が感じてる(悟ってる?)事でもデカデカと書いとくとしますか。

見え透いたら何もかもが色褪せる。
見透かすって・・・エスパーかお前は!
いえいえ、トンでもございません。
見え透いたら・・・っていうか、見透かしたと思った事が当たってたら・・・なんだけど。
世の中、思惑が外れてくれたら嬉しい事この上ない事ばかりよホント。

権力支配闘争が陳腐な茶番劇にしか見えない。
そんな支配や闘争が一体どこに・・・・!?
まぁ、放っといてやってよ。
そんな厄介事に首を突っ込まざるを得ない一般その他大勢の人の気持ちを酌んでさ。

自意識過剰な人は御手本になる。
え・・・勿論それって自分も含め・・・・よ・・・な?
はいはい、仰る通りでございます事よ。
自身も含めて「良い」御手本にも「悪い」御手本にもなってくれますのよホホホ。
また、自分の周囲が自意識過剰な人ばかりで構成されると、
自分が大変大人しく聞き分けの良い子(の仮面をかぶる事)に長けてくるのも立証済み。
これからも、色んな意味で、お手本にさせて頂くわ。

位かな。
以上、ここ最近の自分の「自得」だったのでした。
ってか、「自得」の言葉の使い方ってこんなんで良かったのか・・・!?

疑問が残るけれど、次回はもう少しマシな単語引けるように祈ろう。
別窓 | 日常話 | コメント:1 | トラックバック:0 |
2008-09-08 Mon
歌:感情の起伏を伴いながら、口を衝いて出て来る、リズムやメロディーを持つ言葉。
気分乗らない歌程、空しい物もそうそうない。
我、今更悟りけり。
あーダメダメ。
歌の意味にもあるように、感情の起伏は実に歌に重要なポイントなんだな。
歌いたくない時に無理に歌う事こそが、歌に対する冒瀆であった、そうだった。
家でその気もなく口ずさんだ歌に対して謝罪する日々。

6th Story CD「Moira」(初回限定版)6th Story CD「Moira」(初回限定版)
(2008/09/03)
Sound Horizon

商品詳細を見る


そんなカラ回る今日、気付けば第6の地平線ばっかり聞いてる。
第5の地平線は友人に借りて聞いたのだが、第6はなんとなく自分で購入。
大学時代にサンホラ好きに出会ってしまったが運命か、やはり暫く聞かないと寂しい物が。
一番の聞き処は、何と言っても2トラック
ハラショー、ハラショー、頭から離れないが、多くは語るまいwww
ギリシャ神話にはそう詳しくないが、謎解きは、面白い。

シングルでは、

鐘を鳴らして(初回限定盤)鐘を鳴らして(初回限定盤)
(2008/08/06)
BONNIE PINK

商品詳細を見る


二人三脚二人三脚
(2008/06/25)
misono

商品詳細を見る


この2枚ばっかり聞いてる。
テイルズ丸出しにも程があるw

「鐘を鳴らして」はかなり良い。
特に好きな歌詞の一文があるのだが、敢えてどこの部分かは言うまい。
初回特典に付いているDVDのプロモも一見の価値あり。

「二人三脚」においては、聞きすぎて空耳が酷い。
「♪どんどん壁作るくせに♪」→「♪どんどんキャベツ食うくせに♪」
「♪最高のパートナー♪」→「♪最高のパンとナン♪」
もう耳がどうかしてるとしかw

歌う気になれない時なんてそうそうないのだと思っていた。
無理に歌う必要は無いのは分かるが、歌わないとそれなりに物足りない。
こう言う時は、とりあえず聞き専に回って気乗りする時期を待つしかない。
あぁ、早く歌える位まで気乗り出来る気分に戻らないかね・・・。
謳えない人生になど意味はn(以下略。

あー憂鬱。
別窓 | 音楽話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2008-09-06 Sat
最近:現在に最も近い過去。
つい最近、映画「花より男子FINAL」を見に行ってきた。
本当、つい最近だけど話題的には全然最近じゃないだろとか言うツッコミは要らん。
基本、色々な事がめちゃくちゃ人より遅いだけよ。

実際に見に行って思ったこと。
辺りを周りを見渡す限り見事にカップルor女性同士の客のみ。
いや参ったね。
どいつもこいつもイチャイチャしやがってw
でも、映画館のそーゆー雰囲気、大好きだけどね。
薄暗いとほら、凄ぇテンション上がるしさぁ。(変態か!

とまぁ、そんな雰囲気よろしく、ストーリーの方も結構なハッピーエンド。
色々考えたよ。
もし、私が恋人と、ラスベガス、香港、無人島をさ迷ったらどうだろう・・・?
一緒に困難を乗り越えて、あんな素敵なハッピーエンドを掴めるだろうか?
とかね。
固い絆で結ばれた相手や、仲間がいるってのは実に羨ましく、見てても微笑ましかった。
作中の二人にはこれからも幸せになって欲しいものだ。

いやぁ、にしてもやはり松潤演じる道明寺は実に私のタイプど真ん中だ!
素晴らしくあの役はおいしい。
周りから猛獣扱いされる所とか、あの弄られキャラっぷりが面白可愛くていいよなぁ。

原作もずっとあんな感じなら、是非一度原作も読んでみたい!
これ程映画を推してるけど、実は漫画を一度も読んだことが無いんだ私。

誰か・・・花男全巻一気に貸してくれ・・・!!!
別窓 | 映画話 | コメント:2 | トラックバック:0 |
2008-09-01 Mon
悲鳴:突然(逃れられない)恐ろしい目にあったりした時に出す、驚きや苦しみの叫び声。
その悲鳴を聞いたのは、カラオケのトイレの中だった。

昨日、夏の最後をカラオケで過ごしていた時の事。
俺と友人二人で入ったそのカラオケには、たまたま同じ階にトイレが無かった。
なので俺達はトイレを利用する為に、一つ上の階に上らなければならなかった。

大分時間も経ったしそろそろ帰ろう、
と言う話になり、帰る前にトイレに寄ろうと上の階へ上った。
トイレで、
(まぁそこそこ歌えたし、楽しかったな。
 最後に友人にリクエストした歌、部屋に戻ったら歌ってもらおう♪)
等考えながら用を足していたその時、
その階の同室から女性のものと思われる悲鳴が聞こえた。
それは、マイクを使って叫んだような声ではなく、
喉が掠れそうになるような肉声だった。
否、絶叫と言い換えても過言では無い様な・・・。
(そのカラオケ屋には、防音壁は無かった。)
唯でさえ音で煩い室内で、マイクも使わず、あれ程叫ぶのは・・・・。
何故?
トイレを出て、同じ階の悲鳴が聞こえた方向の部屋のドアをチラリと見遣る。

男がドア越しにこちらに背を向けて立っていて、部屋の中はまるで見えなかった。

徒ならぬ嫌な予感がして、一つ下の階の自分たちの部屋に戻る。
そこから、
俺が友人にリクエストした最後の曲を友人が折角歌ってくれたにも関わらず、
俺はとても歌に集中出来なかった。
自らリクエストしておいて、
友人の歌を満足に聞く事が出来なかったのは実に失礼だった。
この場を借りて、本当にごめんなさい。
今度また、改めてじっくり聞かせて下さい。

友人が最後の曲を歌い終わった後に、
上の階から暴れるような足音と、また、悲鳴。
今度は友人達にも聞こえたようで、俺達は早々にその店を後にした。
出る時に、一応店員さんに、上の階で暴れるような音が聞こえて来たとは報告した。
様子を見に行くとは言っていた・・・・が・・・・・・。

それまで折角の楽しかった雰囲気が一気に俺の中で壊れてしまった。

そう言えばこの間も、
友人の部屋に泊まりに行った時、
そのご近所から悲鳴が聞こえて来た事があった。

そしてつい最近も、
今度は自分の家の近所で、
まるで虐待を受けているかのような子供の鳴き声と悲鳴が、
延々どこからともなく続く夜を過ごした。

どうしてこう俺の居る先々で悲鳴が上がるのだろうか。
悲鳴は嫌な想像を掻き立てるばかりであると言うのに。
声だけ、音だけと言うのが如何に不安であるか。
そこが、開けた場所で無い以上、助ける等出来る筈もないと知っての事か。

あぁ、嫌だ、嫌だ・・・・・・・・・。

どこからかの悲鳴が俺の耳に届く以上、このトラウマは全く治りそうにない。
別窓 | 奇妙な話 | コメント:1 | トラックバック:0 |
| 日々の雑念めいたその他もろもろハイパー |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。