-------- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2008-11-14 Fri
エコロジー:生物と環境との関係を研究する学問。生態学。
先日の夜、レイトショー料金で久々に映画を観に行きました。
邦画なので、マイナーかもしれませんが・・・。

ブタがいた教室
↓公式HP。
http://www.butaita.jp/

と言う映画を観てきました。

内容は・・・。
小学六年生の担任を受け持つ事になった新任教師が、教室に子豚を連れてくるのです。
そしてその子豚を教卓に乗せ、クラスの皆にこう言います。
「先生は、この豚をこのクラスの皆で飼って、最後には皆で食べようと思います。」

そんな話です。

そして、クラスの皆の間で一年間ずっと飼われ、「Pちゃん」と名付けられたその豚を、最終的に食べるかどうか、クラス全員で議論するシーンがあります。
そのシーン、実は台本に存在する台詞は一切なく、全てがアドリブだと言うのです。
言うまでもなく、その議論が一番の見所となった訳です。
この映画に出てくる26人の小学校6年生、皆の意見がそのシーンに詰まってたんです。
今の小学校6年生の意見はビックリする位しっかりしています。
大人顔負けでしたね。

ここでは敢えて、「Pちゃん」が最後にどうなったのか、語りません。
皆さんが見る機会があったら、是非ラストを見届けて下さい。

さて、何故この映画の議題で、タイトルが「エコロジー」となるのか、疑問に思う方もいるでしょう。
エコロジーと結びつけてこの映画を語るきっかけは、劇中の一言でした。
「食べるよ。だって、豚は食べられる為に生まれて来たから・・・。」
勿論、この後この意見を出した子は他の子に、
「そんなの、人間が勝手に決めた事じゃない。」
と、猛反発をくらいます。

食物連鎖の頂点に君臨する人間は、正しくエゴの塊な訳ですね。
この地球にとって最大のエコロジーとは、人間が居なくなる事です。
よく、「私達の手で自然を残そう」なんて言葉を聞きますが、思いあがった発言にしか聞こえません。
自分達の手で自然を破壊しておきながら何を言うのでしょうか。
例えば、
「緑を守る」
とか言いますけど、何だかんだ言ってそれも酸素を確保する為だと考えるだけで興醒めですね。
破壊しようと残そうと、そんな事気にしない人間はわんさかいる訳です。
ええ、良く分かります。
私もそんな人間の一人ですから。

人間の前には、地球は恐竜と言う生き物が生態系の頂点に君臨していたそうです。
しかし、そうそう時間を置かず、恐竜は滅びたそうです。
生態系の頂点に君臨する生物は、そう長くその存在を存続出来ないそうです。
人間も、きっとそのうち早く滅んでしまうのでしょう。

そう考えると、人間の支配下に置かれていた生態、そう例えば、ブタとかですね。
彼等は、どの位その存在を存続させる事が可能なのでしょうか。

”いのち”の長さは誰が決めるの?
別に、誰も決められやしませんよ。
「殺す」事と「食べる」事の違いにいくら気付いても、仕方ないんです。
人間の文明が発達し過ぎた今、生き物が食肉になる過程を知らないから肉を食える、少なくとも日本人は。
誰も・・・・自分達が生きる為に犠牲になるいのちの長さについてなんて気にしてませんよ・・・・。
唯、「いただきます」と感謝の意を精一杯籠めて、体内で己の血肉に変えるしか出来ませんよ。
だからこそ、こう言った題材の映画が成功する・・・・そうでしょう?

さて、これで何が言いたいんだか、ピンと来たらなかなかに貴方は鋭いです。
しかし、それをズバリ指摘しないで頂きたいです。
この映画を観に行った価値を、失いたくありません。
考えをぶつけると言う目論見からは大幅に外れではありました。
が、観れて良かった・・・・・良かったのです。
スポンサーサイト
別窓 | 映画話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2008-11-11 Tue
今更:決定的な事態に立ち至ったこの時になって、初めてその事を取り上げることを表す。
では、ポルノグラフィティ最新アルバム「ジョーカー」と「エース」が発売されたが、限
界であった。何がかといえば、一昔前のレッドとブルーのアルバムを
征したいと言う気持ちが、である。かなり今更ではあるが、いつまでも着たいお気に入りの
服の様に、やはりこの2枚は何度聞いても飽きない名盤の様な気がする。
とにかく、CDショップに駆け込んで結局衝動的に買ってしまった。今も昔も、
かわりない名曲を今家で楽しんでいる真っ最中である。過去に2枚とも友達に借りて、
テープやMDに録音した事もあるが、やはり家にある大きめのCDデッキで聞けるのが
1番嬉しい。中でも一番のお気に入りは、正しく僕の心情そのままで、僕の永遠のテー
マソングと言っても過言ではない、「ヒトリノ夜」。実
に聞き入ってしまう。他にも、カラオケに行けばつい歌って
しまう「ラック」や、「カルマの坂」、「まほろば○△」なんかも
たまらなく好きである。
らしい、らしくないで言えば、僕的には、ハルイチの詩が一番
きっとポルノ「らしい」と思う。何と言うか、本来のR指定の意味が押し出されてる
っぽくて。
とりあえず、残念なのは「マシンガントーク」が入ってない事位か・・・。

PORNO GRAFFITTI BEST RED’SPORNO GRAFFITTI BEST RED’S
(2004/07/28)
ポルノグラフィティ

商品詳細を見る


PORNO GRAFFITTI BEST BLUE’SPORNO GRAFFITTI BEST BLUE’S
(2004/07/28)
ポルノグラフィティ

商品詳細を見る


カッコつけてる訳じゃないのに、「カッコイイ男」を感じられるスタイル。どんなレ
ッテルを貼られても、そのレッテルはそれ程酷い物じゃない「秀でた」感。
コーヒー片手にお洒落に聞きこなせたら、素敵じゃないか!今更とか
いわず、買って本当に良かった!毎日でも聞いてやる。最新アルバムは、
いまの所見送る事にして、過去にポルノに巡り合わせてくれた友人に感謝するべき
だろう。自分でも、ここまでハマり込んでいるとは思わなかったが。
ろくでもない物(2個前のブログ参照w)を買うより、ずっと良い買い物が出来たと思う。何一つ
うろたえる事無く、最新アルバムが出てくれたお陰で思い切って購入出来た!そして
なんとなく、今後のポルノに歌って欲しいテーマが浮かんだ。実現するといいな
ぁ!!って思う。実現したら、多分とってもカッコいい。と、ひっそり期待しておこう
!あ、あと、今気付いた、立て読み文章は結構作るの面白いwww
別窓 | 音楽話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2008-11-10 Mon
困惑:面倒な事を持ち込まれたり、厄介な事に関わり合ったりして、ほとほと困ること。
そう、困惑。
最近、そればっかりな気がする。
一つの事ばかりに気取られると、全く以て正確な判断など鈍るものだ。

他の人間から見てみれば微笑ましい事も、
己からしてみれば困惑以外の何物でもない場合どうすればいいのか・・・。

こう思う時、己の気分の浮き沈みの激しさを嫌悪するばかりだ。
ほとほと疲れている・・・・正しくグロッキー・・・。

落ち着け、落ち着けと思う程に落ちすぎる・・・。

が、正直な処困惑しっぱなし位で己の人生丁度良いのかもしれない。

と、今日も自嘲気味に困惑しながら、何一つ進展の無い時間を生きている。
別窓 | 日常話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2008-11-05 Wed
娯楽:生活の為の労力や学業などの余暇に、気分転換をはかるために遊びとして何かをしたり見たり、聞いたりなどして楽しむこと。
まず、最初に申し上げておく。
気付いたら手に取り買ってしまっていた物は今まで数多あれど、今回は完璧に失態と言わざるを得ない
本やゲームを購入する時、「娯楽」と認識して吾輩は物を買わない。
何故か。
これは極端な話、例えば生活の基本、「衣食住」のそれぞれにも、「選ぶ権利」がある。
衣にしろ、食にしろ、住にしろ、どんな服を好んで着るか、食べ物も、住居も同じく人によってまるで違う。
全てにおいて、ピンキリであると言える。
そんな中、食を切り詰めて衣に大金を充てる人も居るだろう。
その逆や、住を切り詰めて食に大金を充てる人もいるだろう。
全てにおいて、決められた資金の中でのやりくりである。
この中にゲームや本が入るとすれば、間違いなく他のどれを切り詰めても吾輩はそれを優先する。
そう言えるのは無論、食う事も着る事も住む事も、どれも心底困った事が無いからだ。
贅沢だろう?
だから、言わば本やゲームは吾輩にとってライフワークとでも言うような位置付けである。
何が「娯楽」に当たるかは、人によって違う。
その辺は人それぞれの大変難しい問題なので敢えて触れない。
しかし、何故に吾輩はこの様な物を買ってしまったのか・・・。
今回ほど強く、「これは娯楽で購入するのだ!」と実感して物を買ったのは生まれて初めてだ。
吾輩は間違いなく、どうかしてるに違いない。

”ちょっとした一言”でわかる恋愛心理 (だいわ文庫 B 117-1)”ちょっとした一言”でわかる恋愛心理 (だいわ文庫 B 117-1)
(2008/10/08)
藤田 徳人上原 英範

商品詳細を見る


娯楽よろしく、爆笑しながら読ませて頂いた。
著者が男性二人である所からもう既に笑い転げる始末。
読み終わった今はまだいい。
一週間もすれば、この本に600円近くの金を払った事を猛烈に腹立だしく思う事だろう。
何を良し悪しとして考えるかは、これまた人それぞれなので、内容には触れない。
買うだけ買ってちゃっかり読んでおいて、その言い草は何だと思う方もいるだろう。
だが、消費者とは常にそんなモノだろう。
結果的には正規で買ったのだから、売り手にとっても後はどう言われようが勝手で結構な筈。
あぁ、今後この本をどうしようか持て余す・・・・。
友人にでもくれてやろうか・・・・。

今後、「娯楽」と強く感じる物には購入前に十分な注意が必要だと感じた吾輩であった。
別窓 | 漫画以外の本の話 | コメント:1 | トラックバック:0 |
| 日々の雑念めいたその他もろもろハイパー |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。