-------- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2010-04-27 Tue
帰り:帰る途中。帰り道。
帰り道の話。

昨日。

ごまだれと、本屋に寄る。
ごまだれは、発売されるのを楽しみにしていた例のあの本を買った。
その後ふらふらと歩いておもむろに見つけたカチューシャを付けて、宇宙へと飛んだ。
宇宙には、エクステという卑弥呼になれる道具があり、それで邪馬台国を治めた。
そこで、昔流行ったリストバンド・アームバンド(反射リストバンド)を見た。
私はひたすら懐かしかったが、初めて見たごまだれは、ビビっていた。
その後邪馬台国を滅ぼして、更なる銀河へ飛んだ。
確かに小宇宙(コスモ)を感じた。
面白かった。w
「ハートインでは何が一番美味しい?」
と聞かれ、回答に詰まる。
「・・・・・・・・・・サラミ。」
なんでだ・・・・・何故ハート・インでサラミが一番等と答えた・・・・!

そんな帰り道。

今日。

雨がザーザー降る。
風もビュービュー吹く。
チャリンコに傘はきつかった。
(早くお家帰りたいっ!!!!!!!)
と思ったので、傘を畳んでチャリンコまたぐ。
その場に居る人々にガン見される。
しかし気にせず。
雨風の中☆全☆力☆疾☆走☆!♪
結果ズブ濡れやんエロい!キモチイイ!

そんな帰り道。

ははは。
スポンサーサイト
別窓 | 日常話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2010-04-19 Mon
惚気る:妻(夫・愛人)との間にあった(つまらない)ことを他人に嬉しそうに話す。
好きな人の惚気話って、
聞かされる側にとっては結構苦痛なんだな・・・。
そう思っていたけど、
昨日級友Yに会って話をすると、
案外楽しんで聞いてくれた。
ので、
書いてみてもいいかなぁ・・・・と思って書く。
読みたくない奴ぁ、読まなけりゃいい。
以上。
惚気る:妻(夫・愛人)との間にあった(つまらない)ことを他人に嬉しそうに話す。の続きを読む
別窓 | 日常話 | コメント:1 | トラックバック:0 |
2010-04-18 Sun
惚れる:たまらくそのものが好きになって、他の存在など忘れてしまう。
私と彼の出会いは、
色々な物を売っているお店から始まった。

私の一方的な一目惚れの片思いにより差しのべた手を、
彼は取らざるを得なかった。

私たちは、
結婚を前提にその店で一生分位しばし見つめ合い、
結婚を決めた。

式場に二人で向かうと、
神父は「誓いますか?」と言う決まり文句の代わりに、
彼の背中に結婚の証である「おしるし」を貼り、
「ありがとうございました」と私たちに祝福の言葉をくれた。

彼との新婚初夜は忘れもしない。

彼は最初はとても恥ずかしがって躊躇していて、
私は促すのに苦労したっけ。(苦笑

「本当に・・・・いいの?」
そんな声が聞こえてきそうな位。(笑

「いいってば!」
私はリードして、
私の中に彼を押し込んだ。

鮮血が飛び散って、
とっても痛かったのを今でもよく覚えてる。

彼は興奮のせいかその後少し調子に乗りすぎて、
私の中からなかなか出て行ってくれずに、
暫く血が止まらなかったっけ。(苦笑

そのせいで貧血で倒れて、
暫く起き上がれなかった。

結局、
彼とは離婚したの。

「一発屋」って言う言葉が、
彼ほどピッタリくる人は居なかったわ。(笑)

・・・・。
・・・・・・・・・。

まぁ、
これぶっちゃけて言うと、
「彼」=「ピアッサー」って話で、
「結婚式場」=「レジ」、
「神父」=「店員」
って話なだけなんだけどな。
私が若かりし頃の失敗談なんだが・・・・。
友人に「その語り引くわー・・・」と言われてからどことなくお気に入りなんだ、うん。
アハーンウフーンな体験談だろ。(笑)


・・・って、
開き直ってこんな事話す自分wwwww
サイテーwwwwworz
別窓 | 奇妙な話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2010-04-17 Sat
雨:広い範囲にわたり、空から降ってくる水滴。(気象学的には、空気中の水蒸気が気温の下がったために、液体となったもの)
余談www
最近実母と熱く語り合った下らない話題No.1は、
「女性のスケート選手には何故ボンキュッボンがいないのか」
とどのつまり、結論があったら邪魔だからじゃない?
ってシンプルにまとまったのだがwwww
本当に心底どうでも良くて面白かった。

さて、本題。

昨日は雨だった。
今日も雨だ。
雨は嫌いじゃない。
でも、傘を盗られて雨に打たれて帰る帰り道は嫌い。
でもでも、その帰り道で君に声を掛けて貰えた事は忘れられない。

童謡で、「♪雨雨降れ降れ母さんが♪」って童謡がある。

この次に続くフレーズが僕はつい最近まで、
「♪知らない男と出て行った♪」
だと信じて疑わなかった。
そしてその後に、
「♪ぴっちぴっちチャっプチャっプらんらんらん♪」
と続くと信じ切っていたので、
何嬉しそうに歌ってんだ・・・・この歌は童謡のくせに、
子供視点じゃなくて母さんの浮気相手視点の歌なのか・・・・けしからんな・・・。

と普通に思っていた。
そして更に2番も、「♪雨雨降れ降れ母さんが♪」から始まり、
「♪ジャノメでおつかい嬉しいな♪」
と続くと思っていて、
ジャノメ????ジャノメって・・・・何なんだよ・・・・・・。
ジャノメミシンの事か・・・・・?雨にミシン関係ねぇよ・・・・?
じゃあ、蛇革のバッグの事か・・・・・?それで浮気相手の所へ・・・・????

と、更に意味不明な事を考えていた。

でも昨日、
あの歌は単に、
ジャノメ(=傘)でお迎えに来てくれる母さんが嬉しいなっていう、
子供の純真な心を歌ったモノだったと知った。
いやぁ、計り知れない衝撃だったね・・・・・・・。(ボーゼン。

今まで信じ切っていた歌詞を友人に、
「それ、どんな捏造?」って言われた!!!!
「確かにどっから出たんでしょうね・・・・。」としか言いようがない・・・!

雨と言えばもう一つ。
「最後の雨」って曲がある。
最近じゃ、つるの剛辺りがカバーしたかな・・・・?
あの曲の女々しさは異常wwww
聞いてるうちに、MP3プレーヤーを投げ捨てたい衝動に駆られ、
歌ってるうちに、途中から無意味に思いっきり雰囲気ぶち壊して叫びたい衝動に駆られる。
柴田淳って人が歌ってる「雨」って曲も、実にジトッとしてて嫌wwww
何故か「雨」ってタイトル曲はマイナス的イメージな歌詞が目立つな・・・・。
いや、僕も自分の詩でプラス要素で雨を表現に取り入れた事は無いけどさ・・・・。
それでも・・・何とかして下さい・・・・耐えられない・・・。

雨でプラス要素を持たせた詩も書こうと、
そんなこんなで模索中・・・・・。
別窓 | 日常話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2010-04-15 Thu
雄々しい:普通なら避けたいと思う危機や困難に、勇気を持って立ち向かう様子だ。
自惚れと呼ばれても構わない。
追いかけられるより、追いかけたい。
選ばれるより、選びたい。
その上で、責任を取れる人間に是非。
いやー・・・我が友ドMのセリフじゃないっすが・・・。
「俺に惚れろ!」
って胸張って好きな人に言える人間になりたい!!!><
ちょwwwまwww待てwwww
そんな事自信満々に言い放つ俺・・・・・!(妄想中・・・。
カッコ良すぎる鼻血ブー!!!!!

落ち着け落ち着けもちつけ俺wwwwはいペッタンペッタンツルペッタン
いやいやいやいや、在り得ねぇから!!!
とは言い切らないけど、在り得るまであと何百年かかんだよ!!!wwww

いいか俺よ。
自信を持つ、と言うのはな、並大抵な事じゃないんだぞ。
自信を持つ、と言ってもな、証拠や論拠や根拠の在る自信じゃないと意味が無いんだ。
確執の持てる事にしか、「自信がある」と言うセリフは使ってはならん。
自信は、自分を騙す為のものじゃない。
自信は、自分を信じる為のものじゃないか。
そもそもなにより、
自信をもって、
「人間なんか信用ならない」
と嘆く人間に自信なんか存在しないのだ。

あの人も言いました。
「信じろよ」と。
はい、無理無理・・・・無理はいけません。
「信じさせてみろよ」
と言い返さず、
「信じない」
と答えたのは、甘やかしだった・・・。

はい、俺反省終了!☆

いやー、
最近学校で某Y氏が、
「一人きりは最初のうちは好きでいいんですけど・・・・。
 限界を超えるのが割と直ぐで寂しさでプルプル震えて来るんですよ。」
って言ってきたのを聞いて一人内心爆笑しながら、
「そうなんですか・・・?一人はむしろ好きだから分からないっす。」
と答えた。
そこで一言。
「そう来たか・・・・。」
はい何でしょうねー?
「そう来たか」とは???wwww
知らねしらね俺シラネwww

・・・・雄々しくなりたい願望が強すぎるのは問題だ・・・・。
行き過ぎると、生涯一人で天涯孤独の身になるやもしれん・・・・。
危ない危ない・・・・・・。
・・・・・。
・・・・でもしょうがないよね・・・なりたいし・・・・。
でも、涙が出ちゃう☆
だって、女の子だモン★
雄々しい:普通なら避けたいと思う危機や困難に、勇気を持って立ち向かう様子だ。の続きを読む
別窓 | 日常話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2010-04-10 Sat
仕事:からだや頭を使って、働く(しなければならない事をする)こと。
「別に沢山おるよ、仕事がしたくてしてるんじゃない人くらい。」
祖父の口癖。
「どんなに頑張ってもこんな位じゃ食ってけない。」
親父の逃げ口実。

祖父は元銀行社員だった。
だけど、
「上におべっかばっかり使ってのし上がる人付き合いは嫌だった。」
そう言いながら、個人タクシーの運転手になった。

違うよ違う。
祖父とは違うよ。
上におべっか使ってでものし上がりたい生活に余裕の無い人は。
本音を言ったら、皆離れて行ってしまうもの。
円満じゃないと社会も会社も成り立たないもの。
もしも私が社会でそれをやったら・・・・祖父は私を軽蔑するだろうか?
私はしなけりゃならないと思ったら、仕事と割り切ってきっとやるよ?
出来るかどうかは別としても、やろうとする。

個人タクシーの運転手は、祖父にとって成功だったけど・・・。
もし・・・もしも、成功じゃなっかったら・・・・・?
一体何になってたの?

親父は元大手会社のSEだった。
だけど、
会社の人間関係に順応しきれなくて会社を辞めた。

母は現役看護婦で、
「仕事はやり甲斐があるし、大好き」
と言って朝、仕事に出る。

母の恋人は仕事で、親父の愛人はクソみたいなプライドだった。
何で結婚とかしたんだろ?wwww

仕事は生きる金を稼ぐためだけに存在してるの?
不思議だな・・・。
RPGにある金稼ぎの為の敵とのエンカウントは負けても楽しいのに。
母にとったら仕事は生きる事同然なのに。
何で家族でこんなに仕事に対しての感じ方に落差がある?

やりたい事をやりたい放題やって金を残さず子孫を育てず早々死ぬのと、
やりたくない事でも我慢してやって金を残して子孫を育てて長生きするのと、
どっちが賢いかなんて私には見当もつかない。
前者は一般に言う自己中かもしれないけど、
ある意味賢い生き方だと思うし、
後者は一般に言う偉い人かもしれないけど、
夫婦で愛し合う事と子育てに失敗したら単なる最悪だ。

これは単なる私の尺度に過ぎないけれど、仕方ないよ。
いつの時代も、やりたい事を楽しんで思うように出来る人間は天才なんだから。

でもそうやって、
仕方ない仕方ない、
天才でもなんでもない、
仕事を楽しむ人間ズルイよズルイよって、
思うようにいかずに僻んでる、
祖父も親父も私もクソみたい。
醜い・・・・・・醜すぎる・・・・・・。

どの道仕事が外れてくれる訳では無い。
特に私の場合は。

早く内定決めて、ライセンス取らなくちゃ・・・。
定職に就いて稼がなきゃ・・・。
そうしないとどうなるってワケでもないけど。

結論からいえば、
最低、親父みたいにはなりたくないだけだ。
でも、私にはそれだけの理由で十分なんだ。
別窓 | 日常話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2010-04-10 Sat
寂しい:自分と心の通いあうものが無くて、満足出来ない状態だ。
なんだろぅ、私が寂しいってキモいわwwwworz
好きな人にはメールで無視されてそりゃ寂しいけど。
ま、私くらいのモノねwwww
コンビニの前を通ってコンビニから出て来たカップル見て涙ぐむなんて。
変質者紛いもイイとこですわよ、ええ!wwwworz

最近気付いた事なんだけど、
寂しさは度を超えると腹立だしさに変わるのね・・・。
いかんいかん、こんな事で苛立ちを覚えては・・・・・。
でも、確か去年の5月の終わり頃も確かこんな事このブログに書いた気がする・・・!

そうかー・・・私・・・・あの時も寂しかったのかー・・・・。
とか新発見・・・・・・。

ま、続きからは恒例だけど、文句でも書こうかwwwworz
寂しい:自分と心の通いあうものが無くて、満足出来ない状態だ。の続きを読む
別窓 | 日常話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2010-04-08 Thu
快感:何かをし終えたりすばらしい物に接したりした時になどに感じる、満ち足りた感じ。
快感っつったらあれだろ?
エロ

知ってるかい?
Hは生物学上女の方が男の10倍位気持ちイイんだってさ。
で、友人に聞いてみた。
「女になってH体験してみたい?」
「そりゃあな。」
ふーーーーーーーーん・・・。
「あ、でも・・・・。」
何さ?
「毎月辛そうな生理とか、出産する時の激痛とか、初めてやる時の痛さとかはいらん。」
そりゃおめー都合良すぎね?wwww
ま、いーけどwwwww
別に本当に女になれる訳でも無いし?wwww

うそ。
そんな事を書く為の快感って意味じゃないんだよ、今回のタイトルは。
エロなら快感より「快楽」だしなwwww

さて、本編!
時々このブログにも書いてるけど、サイクリングは最高だな。
今回は家の近くに流れている川の堤防から、淀川の堤防まで一気に走ってきた。
久々だったが為に足が痛い・・・運動不足が否めない・・・!

青い大空、土手には咲き乱れる菜の花と桜、真っ直ぐなどこまでも続く道!!!!
春を感じさせる音楽をイヤホンで聞きながら、チャリンコで全力疾走!!!!
くぅ~溜まんねぇなオイ!!!!

普段なら見られないアングル・・・!

今回は、いつも渡る鉄橋の向こう側まで足を伸ばしてみた。
この鉄橋は右端は人が通り、左端は電車が通るので・・・・。
左端からは道が遮られて通れなくなっている。
左端に敢えて行ってみるのも面白いと思ったので行ってみた。
その時に写メをパシャ!
うーん、結構レアなアングル!!!!
因みに、この鉄橋はつい前までは赤色だったんだ。
どーでもいーですよーwwww

最近不眠気味で困ってたんだが、今日はよく眠れそうだ・・・・!
超健全な快感を心行くまで味わったぞ!!!!
やっぱ、定期的に思いっきり運動しないとな・・・・!!!!
また行こう!!!!
別窓 | 日常話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2010-04-06 Tue
冠婚葬祭:成人式・結婚式・葬式および祖先の祭事・法事。人生の節目をなすと同時に、近所(親類)づきあいの根幹となる意で重要視される。
まず、故度逝かれた故人に追悼の意を込め黙祷。
葬儀に参列し、御慰め出来なかったのが残念でなりません。
ご愁傷様です。

そして、ご結婚されるお二人に心より祝福の意を込め礼。
結婚は人生の墓場と申しますが、そうならぬ様寄り添い歩み始めて下さい。
おめでとうございます。

出会いと別れを馬鹿の一つ覚えみたいに繰り返すのが人間ではございませんか。
何の進歩も進化もしないその繰り返しが生命の証ではございませんか。
穏やかな気持ちで見送りたく存じます。
別窓 | 日常話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| 日々の雑念めいたその他もろもろハイパー |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。