-------- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2008-10-11 Sat
安楽椅子:スプリングのよくきいた、大形の肘掛椅子。
深夜2:00~4:00まで、「安楽椅子探偵の推理~忘却の岬~」の回答編を見てた。
このシリーズに初めて出会ったのは、忘れもしない2000年のクリスマス。
あの時は第3回目の放送で、今回は第7回目の放送だった。
月日の流れとは斯くも恐ろしく早いものだ。

出題編と回答編に分かれたこの推理ドラマ・・・・。
出題編で自分が推理した考えを文章に纏めて番組宛てに応募すると・・・・。
作者(綾辻行人&有栖川有栖)が最もエレガントだと思った視聴者の推理に賞金50万円が送られる。
出題編の中には事件を解決に導くための大変多くのキーワードや伏線がかけられており、一度見ただけでは難しいので、本気で挑む方々の大半はビデオ等に録画して何度も見ると言うのが普通らしい。

今回も、2万3千通近くの視聴者の回答の中で推理も犯人も合致したのは7名・・・。
やっぱ難しいんだなぁ・・・・と思いながら見てた。

相当マイナーなのか何なのか、これについて語れる友人は私の周囲には居ない。
応募した訳ではないが、私の推理は掠ってすら無く、犯人も予期せぬ人物・・・。
あぁぁ・・・・私は推理力0なんだな。
まぁ、毎度の事だが。

このシリーズ、出題編はマジメな登場人物が回答編になると皆が皆妙なキャラ崩壊を起こす(突然歌ったり踊ったり叫んだりw)ので、とても愉快で、私個人としては、出題編より断然回答編が好きだ。
また、次回はいつやるのかとかそう言う予告は一切無いので(2年に一度位のペース?)、偶然見られたら私の中では結構ラッキーな方だ。
いやぁ、今回も面白かった。
御馳走様。

毎回見る度に思う事がある。
安楽椅子探偵を呼び出すためには、シリーズ通して首から下げられるオカリナ風の笛を登場人物が吹かなくてはいけないのがお決まりなんだが・・・。
あの笛欲しい!!!
いやマジで。
吹かない保障はどこにも無いが、一度手にしたら大切に持っておきたいって思うって絶対!!!

コノヒトナニイッテルカサッパリダナァー
とか思ってるそこのあなた、今すぐググれ

ちらっと作者がTVで次回作も浮かんだとか話してたから、きっと第8回もあるでしょう。
あぁ、楽しみ・・・・見逃したりなんかするもんか・・・・。
スポンサーサイト
別窓 | 日常話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<恋:特定の異性に深い愛情を抱き、その存在を身近に感じられるときは、他のすべてを犠牲にしても惜しくないほどの満足感・充足感に酔って心が昂揚する一方、破局を恐れての不安と焦燥に駆られる心的状態。 | 日々の雑念めいたその他もろもろハイパー | メール:郵便(物)。>>
this comment
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

this trackback
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら

| 日々の雑念めいたその他もろもろハイパー |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。