-------- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2008-12-29 Mon
均衡:二つ(以上)のものの間に釣合がとれていること。
「どうして彼は、さっきまでは優しかったのに掌を返したように急にそっけなくなるんだろう?」

僕の女友達はそんな風に、僕が知ったこっちゃ無い事を、僕に聞いた。

いや、全く知ったこっちゃ無い事でもなかった。

僕には何となく、分かる気がする。

会う度にベッタリだと、精神的に疲れてしまう。

多分彼には彼女に対してそっけなくしてやろう、なんて考えは、これっぽっちも無いのだろう。

むしろ、彼自身も、何故急にそっけなくなるのか分からないのではないだろうか。

僕にも、誰に対しても似たような現象があるから、その理由について考えた事がある。

辿り着いた答えは、「心の均衡」だ。

僕の場合は、人に合わせている時と、一人の時は、心理状態が大きく変わる。

浮き沈みが激しいと言うか、情緒不安定と言うか。

とにかく、常に誰かと一緒と言う状況に、耐えられないのだ。

そっけなくなるのは一緒にいた分を耐えていた反動で、心が無意識に均衡を取ろうと足掻くからだ。

誰も居ない所へ、一刻も早く無性に向かいたい衝動に耐えられない。

若しくは、自分を知らない人間ばかりの人ごみや雑踏にただ紛れたい。

逃げないとやってられない、言葉では説明出来ない、心が求める均衡。

そう言った理由が挙げられるが、この答えに至る人が世に何人いるだろうか。

そもそも、こんな事を考え説明出来る人間が、付き合ってる彼女を泣かせる訳が無い。

どうやら、僕の友達の彼も、僕と同じ欠落を抱えているみたいだ。

僕が彼女にそう説いてみても、常に人恋しくて仕方ない彼女には、解せない様だった。

まぁ、仕方の無い話ではある。

僕も常に人恋しくて仕方ない彼女を解せない。

お互い様と言ったところか。

寂しさを感じる時は過呼吸を引き起こし苦しいから、僕は苛立つ。

心の均衡、実に面倒くさい。

アンバランスの上に成り立つのが人間ではなかっただろうか。

無意識にでも均衡等と言う物を求めようとする事が恨めしい。

彼女を泣かせた彼は、きっと相当酷い人間だ。

僕の様な。
スポンサーサイト
別窓 | 日常話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<年末:一年の終りの時期。 | 日々の雑念めいたその他もろもろハイパー | 夢:睡眠中に生活経験のごとく生起して目覚めると同時にはかなく消える、一種の幻覚。>>
this comment
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

this trackback
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら

| 日々の雑念めいたその他もろもろハイパー |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。