-------- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2009-02-07 Sat
遺言:「ゆいごん」の法律用語。
恋という漢字には下に心がある為に下心在り。
愛という漢字には真中に心がある為に真心在り。
これぞ、恋と愛の違いですかねぇ・・・・。
単に言ってみたかっただけです深い意味はありません全然。

はい、今回は妹に辞書を引いて貰いました。
また、実にコメントし辛い単語ではあるのですが・・・・・・。
この「遺言」の隣の単語が、
「遺恨」:いつまでも忘れられない恨み。
と言う単語で、そっちを先に見なかった妹GJ!と賞賛を贈る方向で。
恨みとか書き出したらキリが無いったらありゃしねぇ!
恨みなんてつらつら書きたくないですからね!
又、誰も読みたく等無い筈です!!

さて、「遺言」ですか・・・・。
何でこんな無駄に重い話題を書く破目になるんでしょうね・・・・。
よりにもよって今この時期に・・・・。

とりあえず、この話題では身近な死別した人のリアルな遺言を挙げるのだけは避けます。
不謹慎にも程がありますので。

「自分が泣いて生まれた時、周りの皆は笑ってただろ?
 自分が死ぬ時、今度は自分が笑って周りに泣いて貰う、そんな人生がいいじゃないか。」
そう誰かが言ってました。
これは、かなり名言だと思いますね。
そんな人生だと、さぞかし素敵でしょう。
将に、終わりよければ全てよし。

不謹慎に変わりはありませんが、私がもし事故や病気で早死にするとすれば、
残そうと考えている遺言の話でもしましょうか。

私は、大分前々から真剣に購入を考えている物があります。
「エンディングノート」と言うノートの存在を皆さんはご存知でしょうか。
遺言と聞くと、どうしても別れ際の最後の一言・・・と言うイメージが強いかもしれません。
ですが、私は自分の気持ちを最後まで余す事無く文章に残す気満々です。
どう言った内容の文章を書くのかは、死期を悟った未来の自分に任せます。
きっと、私の事を知る誰が見ても良い内容となる事は明白です。
是非、私の死後、私を知る方は探して見つけて読んで下さい。
必ず残します。

と、まぁそう言う話です。

何だか申し訳ありませんね。
死ぬ辛さは死んだ事がありませんので分かりませんが・・・・。
看取る辛さ、看取れない辛さ、残される辛さは良く理解出来ます。
例え死ぬと仮定した私自身の話でも、気分を害された方には本当に申し訳ありません。
そして、ありがとうございます。

良い人生で在ります様、心から尊厳の意を表してそれに倣います様、存じます。
スポンサーサイト
別窓 | 日常話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<整頓:(「頓」は乱れる意。また「つくろう」意と取れば、「整」と同義)散らかっている部屋や物などを片付けて、見た目にきれいにすること。 | 日々の雑念めいたその他もろもろハイパー | 年上:年齢が他より多いこと(ひと)。>>
this comment
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

this trackback
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら

| 日々の雑念めいたその他もろもろハイパー |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。