-------- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2009-02-25 Wed
仲直り:けんかをやめ、もとのよい仲に戻ること。
大体は「怒る」前に「凹んで沈む」から・・・・・。orz
「喧嘩」と言う状況が滅多にない。
(この時、B型の祖父との喧嘩は例外。
鉄のカーテンが引かれる。
タイマンに限り、そりゃあ話し合う事もとても必要だとは思う。
思う・・・・・・・・・が・・・・・・・・・・・・・・・。
互いに感覚がかけ離れている、若しくは、互いの気持ちに近付こうと思う気が無い。
そんな相手と関係を続けていくなんて難しい事は俺には出来ない。

こう言い切ろう。
仲直り出来るも、出来ないも、
結局「相性」の問題だ。と。

どこかで聞いた、こんな言葉がある。
生きているうちに出会ってよく話す事になる人間は約300人。
内、深く付き合う事になるのは約30人。

ってな。
その言葉通りに行くと俺は、深く付き合う約30人まっしぐら系に入る。
最近発見したんだ。
どんな漫画や映画を見たって、一度の話、一人の主人公や主役と深く関わる人物は確かに少ない!
エキストラは沢山いても、「その他大勢」の扱い。
学園ものでも1クラスが精々。
この世の中も同じ。
街に出れば人は大勢いるのに、皆それぞれが独りだ。

人と知り合うにも限度があるなら、それに則ってしまうより他に無い。
必然、偶然、奇跡や運命なんかも全部ひっくるめてな。
諦めとかそう言うのでは無くて、そう言う風に出来ているのだろう、と思う。

こんな時、「類は友を呼ぶ」って言葉がとっても頼もしい。
だから、「仲直り」なんて言葉は、そもそも最初から最後まで俺には無縁かもしれない。
俺の場合、人間関係にかける努力ほど無駄なモノも無いからな・・・・。
スポンサーサイト
別窓 | 日常話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<四:三に一を加えた数を表す基数詞。 | 日々の雑念めいたその他もろもろハイパー | 順番:(番は交替の意)何かをする人(動作の対象となるもの)が順を追って次つぎに入れかわること。>>
this comment
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

this trackback
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら

| 日々の雑念めいたその他もろもろハイパー |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。