-------- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2009-04-15 Wed
調和:一つの物が他の中に置かれた(~を他とくらべてみた)場合、互いの性質、特に、色・形・音などが、衝突しないで、新しい美しさ(よさ)を見せること。
調和しようとする事は美しいながら、大変労力の要る事だ。
学校に通いながら、最近それを強く感じる。
誰もが新しい人間関係の中でそれを模索している様がありありと見える。
「誰とでも仲良く、気軽に楽しく!」を実践出来る人間の、何と希少な事か。
例外無く「相性」、「フィーリング」と言うものが存在しない者は無く、
元々が幾ら外交的でも、そう言った感覚的なものが合わない相手は誰しも疲れるものだ。
わかるか。
「皆違って皆良い!」と言い切れる事の、どれだけ凄い事か。
不安や不満が隠しきれずに表面に出る人も居れば、
そう言ったものを溜め込んで誰にも話さず密かに苦しむ人も居る事だろう。
一見した調和の裏には聞くに堪えない不協和音が鳴り響く事も少なくは無い。

人間関係に左右されずに生きられる事を「強い」とは言えない。
それは、集団や団結と言う力を手に出来ず、
またそう言った態度はきっとそんな力を敵に回してしまう確率が多いからだ。

人間関係に左右されてばかりで生きられる事を「強い」とも言えない。
それは、独立や決断と言う力を手に出来ず、
またそう言った態度はきっとやはりそんな力を敵に回してしまうだろうから。

学校と言う場に限れば、人間は集団でも個人でも生きられない事は無い。
所詮は烏合の衆であり、鳥籠の開くチャイムの音と共に四方八方に散る。
そこには、「上辺の付き合い」も、「親友」も双方存在しない。
否、その方が気楽だと思いたいだけだが。

そもそも人間関係の調和について語るなんて、らしくない。
全く以てナンセンスだ。

ぎこちない調和を神経質に感じ取る度に、
誰か気の置けぬ人に、思い切り甘える事が出来れば・・・と思わない事も無い。
しかし甘え方を知らないので、そんな己を叱咤する他無い。

誰か、フィルハーモニー交響楽団並みの心地良い調和を見せてくれないだろうか・・・・。
時間は名医なので、経過したら何とかなるかも。
きっとそんな瞬間も運んで来てくれるのでは・・・・・。
と、只今大変気長に切望&期待中。
スポンサーサイト
別窓 | 日常話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<宴会:飲食を共にする懇親会。うたげ。 | 日々の雑念めいたその他もろもろハイパー | ぽか:なんでもない場面において、予測もされなかった失敗をやらかすこと。>>
this comment
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

this trackback
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら

| 日々の雑念めいたその他もろもろハイパー |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。