-------- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2009-08-23 Sun
神:絶対的な超能力を持ち、自然界・人間界を左右するものと考えられた創造主。
神に会った事はあるか?
何?無い?
まぁ、無いのが普通だろうな・・・。
私は小さい頃、会った事がある。
夢の中でな。

続きから、で伏せるが、ずっと昔、こんな強烈な夢を見た事がある。

何故続きから、で伏せるのか。

どう考えてもマトモじゃないから。
何?夢なんてそんなもの?

それは・・・・・・・読んでから判断するんだな・・・・。
ラーメンを食ってた。
(夢の中で何地味な事してんだろう。)
そんな事を思いながら。
すると、手元に置いてあったテーブルコショーが喋り出した。
「我は神じゃ。」
(あぁ、もう何でも在りだ。)
そして、テーブルコショー基、神との会話が始まった。

神:「主の望みは何じゃ?」
私:「誰にも何とも思われず、自殺でもなく他殺でもなくとっとと自然に死にたい。」
神:「夢無いのぉ。世には生きたいと思っても死んでゆく者が五万とおると言うのに。」
私:「そんなの詭弁だ。
   自ら生まれたいと望んで生まれてくる人間は居ないのだから、
   自ら死にたいと望まなくても死んでいく人間は居ても普通だ。」

神:「・・・・・主、人間は好きか・・・?」
私:「・・・・・・・あんまり・・・・。」
神:「じゃろうなぁ・・・・・さぞかし、今を生きられていないんじゃろうなぁ・・・。」
私:「そう・・・・今に憧れを抱いてる。今はいつも直ぐ傍にあるのに、
   いつも手に入らない。人間なんて、面倒くさいだけだ。」

神:「努力して人を好きになれ。主は本当は、もっと楽しめる。」

そう言って、テーブルコショーがスーッと消えた。
同時に目覚めた。

もうずっと昔の夢だが、鮮烈だった。

神、いや、テーブルコショー・・・・。
私、今も生きて、自分を含めた人間を好きになる事に思案してるよ。
でも、やっぱり時々ひっそり思うよ。
人間を誰一人知らなかったら、私にとってはどんなに良かったろうと。
家族や親友に恵まれながら、心底申し訳ないと罪悪感を抱えながら。
人間を好きになるのが、そんなに素敵な事なのかどうか、私には未だ分からない。
支えられて生きている事を、実感も理解も出来ないまま朽ちてゆくのかな。
そう考えるだけで恐ろしく、辛い。

どう考えてもマトモじゃないのは、
夢では無く、私の思考パターンです。
サーセンorz
スポンサーサイト
別窓 | 奇妙な話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<盆踊り:盂蘭盆の夜に、あたりの住民が集まってする踊り。 | 日々の雑念めいたその他もろもろハイパー | 終わり:連続している物事の、もうこれから先(はすること)が無いという状態(部分)。結び。>>
this comment
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

this trackback
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら

| 日々の雑念めいたその他もろもろハイパー |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。