-------- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2010-02-09 Tue
怒り:怒らずにはいられなくなること(気持)。
眠れない・・・・。orz

怒りか・・・。
生まれつき体が大きい人は大概温和な性格のワケを知ってるか?
あれは、大きな体に埋まってる人並みの大きさの心臓が、
「心拍数が上がると僕は正常な血液循環を君に提供出来なくなるぞ」
とメッセージをその人の脳に送り込んでいるからだ。
そして、彼等は本能的にその事を理解している。
だから温和な性格なんだ。

私にとって怒りとは、最も縁遠い存在でいたい感情だ。
私は幼稚園から小学校低学年の頃まで、超が付くほど本当に我儘だった。
自分に分が悪い事があればすぐ見え透いた嘘を吐き、言い訳をこじつけて作った。
泣けばどうにかなると思っていた。
何でも思い通りにならないとすぐに怒った。
でも、怒り方が半端無かった。
本当にタチが悪かった。
怒鳴って殴って蹴って・・・・・。
例えば・・・。
家のガラス戸を何枚か割るとか。
そういうのが日常茶飯だった。
よく見かける、
道端に背中を付けて歩く親の足を引っ張る駄々っ子なんて可愛いモノだ。
私のそれには正しく「キレる」と言う言葉がピッタリだった。
怒りの感情に任せるというよりは、制御出来ずに振り回されてる感覚さえあった。
何もそこまでやるつもりはなかったのに、気付けばやってしまっている。
物に当たる傾向と、人や生き物に当たる傾向はどちらも同じ位だった。
・・・・きっとそのうち、怒りに支配される。
訳も分からないまま、怒らせた他人と怒った自分が死ぬかもしれない。
周囲の人が、物が、何より自分自身が、壊れる。
そう直感した。
怖くなった。
それからは、怒りより哀しみの感情を大切にして、ここまで来た。
自分が頭に来る事は何か、把握して、それに触れられても、怒るより哀しもう。
もし怒っても、絶対に体は動かさずに口でモノを言おう。
言う勇気が無ければ、他の事で発散しよう。
書いて、読んで、どんな破壊衝動に駆られても、全く関係無い運動をして疲れよう。
ボーっとしよう、過呼吸になりそうならタバコを吸おう。
怒らない代わりに、人の言う事を時々聞き流そう。
人の命令や云い付けも時々聞き流して聞かずに破ろう。
「知らなかった」や「聞いていなかった」。
それは、きっと私が作った即席的言い訳よりずっと効果のある言い訳になる。
だって聞いていなければ本当の事になるから、最早言い訳じゃないかもしれない。
もしそれで危険が及んでも、自我の感情に自身が負けるよりずっとマシだもの。
自業自得で済む範囲なら、どんな責任も負う覚悟をしよう。
もしそれで死んでも、後悔しない気がする。
キレてもキレなくても、これで危険度はイーブンな筈。
心との等価交換はモラルだったワケだ。

だけどね、
本当に欲を言えば、怒りの感情も大切にしてあげたかったんだ。
あんなのでも私の一部だったから。
知ってる。
あれを哀しみで押し込める今の私も本当は汚いんだ。
怒りを抑えるのは自分が保身に走る時以外無いんだ。
本当は、逃避で、姑息で、卑怯なんだ。

もう、昔みたいに、怒りを振り回して、怒りに振り回されることも無い。
と言うか、あってはならない、なりたくない。
でも、それで色々失った。
今では、行き場の無い、やり場の無い、哀しみだけがずっと勝っている。

あぁ、そうか。
この感情は、私が私自身にいつも抱いている静かな怒りなのか。

忘れずにいよう。
この気持ちを。
スポンサーサイト
別窓 | 日常話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<白昼夢:非現実的な空想。 | 日々の雑念めいたその他もろもろハイパー | 酔う:乗り物の動揺や人込みなどのために、気分が悪くなる。>>
this comment
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

this trackback
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら

| 日々の雑念めいたその他もろもろハイパー |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。