-------- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2010-04-17 Sat
雨:広い範囲にわたり、空から降ってくる水滴。(気象学的には、空気中の水蒸気が気温の下がったために、液体となったもの)
余談www
最近実母と熱く語り合った下らない話題No.1は、
「女性のスケート選手には何故ボンキュッボンがいないのか」
とどのつまり、結論があったら邪魔だからじゃない?
ってシンプルにまとまったのだがwwww
本当に心底どうでも良くて面白かった。

さて、本題。

昨日は雨だった。
今日も雨だ。
雨は嫌いじゃない。
でも、傘を盗られて雨に打たれて帰る帰り道は嫌い。
でもでも、その帰り道で君に声を掛けて貰えた事は忘れられない。

童謡で、「♪雨雨降れ降れ母さんが♪」って童謡がある。

この次に続くフレーズが僕はつい最近まで、
「♪知らない男と出て行った♪」
だと信じて疑わなかった。
そしてその後に、
「♪ぴっちぴっちチャっプチャっプらんらんらん♪」
と続くと信じ切っていたので、
何嬉しそうに歌ってんだ・・・・この歌は童謡のくせに、
子供視点じゃなくて母さんの浮気相手視点の歌なのか・・・・けしからんな・・・。

と普通に思っていた。
そして更に2番も、「♪雨雨降れ降れ母さんが♪」から始まり、
「♪ジャノメでおつかい嬉しいな♪」
と続くと思っていて、
ジャノメ????ジャノメって・・・・何なんだよ・・・・・・。
ジャノメミシンの事か・・・・・?雨にミシン関係ねぇよ・・・・?
じゃあ、蛇革のバッグの事か・・・・・?それで浮気相手の所へ・・・・????

と、更に意味不明な事を考えていた。

でも昨日、
あの歌は単に、
ジャノメ(=傘)でお迎えに来てくれる母さんが嬉しいなっていう、
子供の純真な心を歌ったモノだったと知った。
いやぁ、計り知れない衝撃だったね・・・・・・・。(ボーゼン。

今まで信じ切っていた歌詞を友人に、
「それ、どんな捏造?」って言われた!!!!
「確かにどっから出たんでしょうね・・・・。」としか言いようがない・・・!

雨と言えばもう一つ。
「最後の雨」って曲がある。
最近じゃ、つるの剛辺りがカバーしたかな・・・・?
あの曲の女々しさは異常wwww
聞いてるうちに、MP3プレーヤーを投げ捨てたい衝動に駆られ、
歌ってるうちに、途中から無意味に思いっきり雰囲気ぶち壊して叫びたい衝動に駆られる。
柴田淳って人が歌ってる「雨」って曲も、実にジトッとしてて嫌wwww
何故か「雨」ってタイトル曲はマイナス的イメージな歌詞が目立つな・・・・。
いや、僕も自分の詩でプラス要素で雨を表現に取り入れた事は無いけどさ・・・・。
それでも・・・何とかして下さい・・・・耐えられない・・・。

雨でプラス要素を持たせた詩も書こうと、
そんなこんなで模索中・・・・・。
スポンサーサイト
別窓 | 日常話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<惚れる:たまらくそのものが好きになって、他の存在など忘れてしまう。 | 日々の雑念めいたその他もろもろハイパー | 雄々しい:普通なら避けたいと思う危機や困難に、勇気を持って立ち向かう様子だ。>>
this comment
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

this trackback
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら

| 日々の雑念めいたその他もろもろハイパー |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。