-------- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2010-09-07 Tue
スピーチ:改まった会合の席上などでする演説。
どうしよう。
明日、クラスで一人一人が順番で行っているスピーチが回ってくる。

いつも色々と考える。
どうしたら、人前で上手く喋る事が出来るだろう?
それも大勢の人前で。

単純な答えは出ている。
「自分が話したい事」について、話せばいい。
話せばいい・・・のだけども・・・・。

過去の事、学校の事、家での事、最近知った事、趣味の事・・・。

何を話すかは多々思い至るので、頭を巡らせる。
例えば、こう言うのはどうだろう?

「最近自分の本棚の整理をしました。
 個人の本棚とは、結構個性が出て見えるものです。
 私の本棚に並んでる本は、
 端から「完全自殺マニュアル」、「死因辞典」、「美しき拷問の本」、
 「墓地を見下ろす家」等を初めとするホラー小説揃いで・・・。」

そんな出だしから、
想像の中でスピーチする私は、それらの本について話し出す。

けど、途中で、
(いや、待て、でも何かが違う!)
そう考えて、想像の中でスピーチする私を私は何度も掻き消す。
また、別の話をさせては掻き消す。
繰り返す。

何か違う。
何が違うのか。

毎度毎度色々考えて、出る結論は同じ。
結局、私には「紹介したい自己が見当たらない」。
スピーチとは、常にどんな出来事を語っても多少なりとも「自己紹介」を必ず含んでいる。
果たして、今までの私に「紹介したい自己」などあっただろうか?
いや、無い。

何かに興味があって、
誰の前でも臆する事無く語る事が出来る人はうるさい。
けど、とても魅力的に思う。
そして、そう言う人がスピーチする度に、
(私にも、沢山の人でも前にして熱く語れる何かが一つでもあればいいのに。)
いつもそう思う。

そして今考え付いたのだけども、
確か学校でのスピーチは原稿の持ち込みもOKだったので、
私は明日この日記をそのそっくりまま読もうと思う。

多分、これが私の自己紹介に「全然なってない!」って事は無いと思うし、
多分、皆の前でこれを読んだら、
その瞬間からこれは「スピーチ」になるのではないだろうか。

スピーチに悩んだ結果の「スピーチ前日の日記を読む」と言うスピーチ。
私としてはこう言う体験も、面白いかな。
と思います。
スポンサーサイト
別窓 | 日常話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<苛立ち:神経の高ぶり。 | 日々の雑念めいたその他もろもろハイパー | 悩み:精神的苦痛。>>
this comment
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

this trackback
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら

| 日々の雑念めいたその他もろもろハイパー |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。