-------- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2011-06-14 Tue
鋳造:金属を溶かし、型に流して器具を作ること。
勤めてる会社(って言うか工場なのか)の同じ階に工場長室(社長室みたいなもん)があって、そこの扉が前までボイラー室の扉みたいだったんだ。
「関係者以外立ち入り禁止」の札張られて、重い鉄の扉でさ。
うん多分、誰が見てもボイラー室にしか見えない。(笑)
最初そこから工場長が出てきた時の衝撃と言ったら無かったな。
それが最近小綺麗なガラス張りの扉に様変わりして、扉の上には「工場長室」のプレートがあったり無かったり。
うん、その方がずっといいよ工場長!
少なくとも、ボイラー室には見えないよ!(笑)

さて、今日は「鋳造」!

朝、7時位に出社すると、先輩が鋳造する作業姿を見る事が出来る。
早起きに弱いので、まだ一度しか先輩が作業する所を見ていない。
が、この作業に実は興味深々で、出来たらカッコいいだろうな~と言う憧れがある。
前日の、金属の量を無駄なく緻密に目測する作業も、出来たら凄くカッコいいと思う。

そのせいか、鋳造している時の先輩は、自分の中でカッコ良さが5割くらい増す。

…と言うか、人が懸命に黙々と働いている姿って、何か見ていて凄くいい。

人と接する仕事もまあ、いいっちゃいいが、こう、黙々とテキパキこなしているのを見ていると更に見とれてしまう。

そして、ああ、自分にもこんなに人間を好きなれる瞬間があったんだな…と、感動している。

過去の学生時代では、到底知る由もない感情だな…そう思うと、やはり余計に感動する。

同時に、こういう技術職を選んで本当に良かったと感じる瞬間だ。

明日の朝、ちょっと早起きして、先輩の鋳造を見に行こうかな…?
そんな風に考えるこの頃。

早起きしよう!(笑)
スポンサーサイト
別窓 | 日常話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<言い訳:自分のした失敗・過失などについて、そうならざるを得なかった事情を客観的に説明して、相手の了解を得ようとすること(言葉)。 | 日々の雑念めいたその他もろもろハイパー | 先輩:その人より年齢(経験)などの多い人。>>
this comment
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

this trackback
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら

| 日々の雑念めいたその他もろもろハイパー |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。