-------- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2012-12-13 Thu
変化:時間的・空間的な推移によって物事の性質や状態などに違いが現れること。
今日、3、4年前の好きな人とのメールのやりとりを、
一昔前のケータイを引っ張り出して読み返して泣いてしまった。

無邪気で幼稚で、無神経な君の言葉、今も変わらず胸にグサグサ来るよ。
何にも深く考えて無いよねホント。
あの頃は、会って話す度に傷つけられて、傷つけられた思い出しかない。

と言ってやりたい。

確かに恋愛は人を変えるね。
このブログの数年前の記事に、
私が君の歳になる頃には、君より真人間になるぞ的な宣言をしていたけど。
正に今、君の歳になって、真人間になってるって実感してる。

自分から行動して、私が掴んだもの。

1、国家資格
2、日本では一位、世界ではアメリカに次いで二位の超一流大手会社の社員の座。
3、一人暮らし

それだけで、立派だと思う。
どんなもんだ。
君がコンビニバイトしてた歳に私は国家資格持ちの正社員だ!


でもね、
君が励ましてくれたからこそある今なの。
君が本当に好きだったからこんなに生活を変えられたの。

恋人は候補は沢山いるけど、君が頭から離れなくてまだ出来てない。

いいんだよ、人にはペースというものがある。
私はたった一人に何年も何年も引きずるから、それも仕方ない。
君に対してなんてまだ4年目だ。
君の前に好きだった人は、かれこれ7年引きずった。
それだけ大切なんだよ。
悪い?何か文句ある?

因みに、君の前に好きだった人も、長い目で見て最高の未来をくれたよ。

いつもそう。
その時は、辛くて苦い思い出しか無いけれど。
私にとっての恋愛は私自身を大きく前進、成長させてくれる。
今をプレゼントしてくれた過去の君に、お礼が言えればなぁ。
そして、君に前言撤回させてやる。
君の言葉をこれだけ素直に、
真摯に聞いてある今を築けた私は、そこまでひにくれていない、と。


愚鈍で、愚直に、愚行を繰り返すかもしれない君。
(いや、ここは君達か(笑))
いつまでも、心の中でバカにしながら愛してる。

でもでも、馬鹿にしていいのは私だけ。
他人がバカにした瞬間そいつぶち転がすんで、安心してね。

この言葉達は、もう届かないけど。
君たちは。
私の存在理由で、存在の証明です。
今日も、明日も、これからもずっと、愛しています。


好きな人が他に出来てもね、不動の地位です。

姿形や性格、地位や名誉、病なんかによってどんな風に変わっても、
私の中では、汚れてなんかない、いつまでも素敵な君です。
誇りに思って、胸張って、生きて下さい。
それだけが、私からのお願いです。


ありがとう。
私、変わったよ。
スポンサーサイト
別窓 | 日常話 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<理解:物事に接して、それが何であるか(を意味するか)正しく判断すること。 | 日々の雑念めいたその他もろもろハイパー | 過去:現在より前の時点。昔。>>
this comment
この記事のコメント
[ ]
何を思ってか知らない。

けど、許せない一番腹の立ったメールのやりとりは、私が私である為の談義をしたメールだ。

私は別に、誰かに自分を代わって欲しくて、あんな事を言った訳では無い。

自己中な君には一生分からないかもしれないな。

私の周囲は、君を初めとして私が思っている以上に皆が弱く、脆く、優しく、可愛く、そして儚い。
一瞬を一所懸命ありのままに生きている。
私はそれに腰を折り、膝を折り、目線を合わせて接しなければ、大概怖がられてしまうんだ。
か弱い人相手に、どんなにムカついても、怒ったりキレたり嘘でも出来ないんだよ。
そうやって自分を押さえて相手に合わせる努力をして、築いた人間関係の間で相手に作ってもらったイメージが「私」なの。

それが、「私が私である」と言うこと。
理性ある私。
社交家な私。
理想の私なの。

…「私のありのまま」は、狂暴で粗野で乱暴で、良く言えば強いのかもしれないが、一人でしか生きられない実質はゴミ以下に醜い。
生きる資格も資質も持ち合わせてはいないクズなんだ。
化けの皮を剥いでは、君とは到底付き合えなかったろうね。

その後に来る、「漫画の読みすぎちゃう?」って一文もイラっとくるね。
漫画読みすぎで何が悪いのかな?
漫画だって、生きてる人間が伝えたい事を、「漫画家」って言うお仕事を通して描いた現実で、芸術だよ?
君が好きな芸能人や俳優と何も変わらない。
君も私に何か自分の言う事にいちゃもん付けられた後、「テレビの見すぎちゃう?」って言われたら、凄く腹が立つと思うんだけどどうかな?

まあ、そんな幼稚なこと、私は言わないが。

今更だけど、私の本心を知らなくて良かったね。

むしろ、別れ際に見せた私の怒りの片鱗だけで、大分恐がらせてしまったんじゃないかな。(汗)

不器用でごめんね。
もし、激昂して本気でブチ切れたら、君にはおろか、自分でも暴走を押さえきれなくて何をするか分からない。(笑)
誰かの為に、自分で自分を飼い慣らして生きるの。

誰の手にもおえない私は、飼い殺しにして。
それが、一人ぼっちになってしまわない自分の為でもあるから。

「私が私である」のは、君には当然でも、私にとっては努力なの。

茶化されて、凄く傷付いたことだけが、今も忘れられない。

心狭くてごめんね…。
2012-12-26 Wed 02:48 | URL | 独 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

this trackback
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら

| 日々の雑念めいたその他もろもろハイパー |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。