-------- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2008-06-02 Mon
ホラー:恐怖、戦慄。
さてはて、この間楽しみにしていると言った、映画、「ヴィレッジ」について感想を書こうかと。
でもコレ見てない人にとっては何の話だかサッパリだよなぁ・・・。
まぁ、続きから見れるようにしてみるんで、興味があったら続きからどぞって事で!

あーまぁ、あれだ・・・ぶっちゃけ期待はずれだったかと・・・。
ビデオに撮れなくて凹んだけど、とらなくて良かったかも。
最後まで見なければテンション上がってたのに・・・。

とりあえず見てない人に向けて、話を凄い簡単に説明する。

一言で言ってしまえば、この話は、アイヴィーと言う女主人公と、ノアと言うちょっと知恵遅れ(?)な、だけども純粋な心を持った男性と、ルシアスと言う男性の、三角関係の縺れ話だ。(敢えてホラーとは言わない。

アイヴィーと、ルシアスは、互いに恋人同士だと認め合った上で、結婚を村に公言する。
それを聞いたノアは、怒り狂ってルシアスをナイフで刺してしまう。
その純真さ故の犯行だと分かっていたが、恋人を刺されたアイヴィーは、怒り狂ってノアを叱咤する。
ノアは勿論アイヴィーが好きだったのだが、アイヴィーからしてみれば、ノアは親友ではあったが、それ以上でも以下でもない存在だった。
そして、刺されたルシアスを助けようと、町に出て薬を探してくると言うのだが・・・。

ここから、ホラー(みたいな話)が入る・・・。

村と町を隔てている森には、「何か得体の知れないもの」が住み着いているので、「森へは一歩も踏み入ってはならない」と言う掟が、その村にはあった。
「何か得体の知れないもの」は、村の人間が森に踏み入らない限りは、村に手出しはしないらしく、森と村の間には、暗黙の不可侵契約が結ばれていた。
しかし、ノアが日頃から森に踏み入っていた事が発覚し、家畜が無残な姿で殺されていたり、村が襲われる等の事件が多発する。
森の「何か得体の知れないもの」によって村は侵略され始めていた。

そんな中で、アイヴィーが薬を町へ求めに森を抜けたいと言いだしたものだから、当然の如く村中から猛反対を食らう・・・・。
かと思いきや、アイヴィーは、父エドワードから、村と森に隠された衝撃の真相を聞かされ、森を抜ける許可をアッサリと貰う。
そして、アイヴィーは、村から二人の護衛をつけてもらい、町までたどり着くのに約半日以上かかる薄暗い森に入っていく。
しかし、森に入ってそう時間もたたぬ間に森の不気味さに耐えきれず護衛は二人とも村へと帰ってしまう。
一人、森の中を行くアイヴィーに、「何か得体の知れないもの」が襲いかかる・・・・。(注:ここが一っ番怖い。ホラーな見せ所。

まぁ、あらすじはこんな感じなんだけど・・・。
このあらすじまでなら、怖いんだよ。
だけど、ここから、ラストシーン(将に真相。真髄。)にかけるまでで、一気に冷める。
冷めた。
叫ばせてもらう。

何だあの意味不明な村と森の真相は!!
後に尾を引く怖さは一切無いから、アッサリっちゃアッサリだけど!?
ホラー求めて見る人向けでは無い・・・なぁ・・・。

もう一つ叫ばせてもらう。

ノアは死んでねぇ!!
落とし穴(の様な所)から落ちた位で人は死なない!!
実際、アイヴィーが落ちたけど、死ななかったじゃねーか!!!

で、テンション一気に下がったわけだ。

そんな自分がお勧めするホラーは、
羊たちの沈黙かな、やっぱ。
あれはガチで怖い。
部屋暗くして、一人であれ最後まで全部見れたら勇者って認めてやんよ。(認められたくねーよ!

もっと面白いホラー探そう・・・うん、そうしよう・・・。
スポンサーサイト
別窓 | 映画話 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<日記:自分の出会った出来事や感想などを一日ごとに書いた物。 | 日々の雑念めいたその他もろもろハイパー | 恐怖:自分の身に危害が加えられる感じがして、極度に不安になること。>>
this comment
この記事のコメント
wwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
ハンカチーフ皇子wwwwwwwww(爆笑
2008-06-05 Thu 13:20 | URL | 独 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

this trackback
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら

| 日々の雑念めいたその他もろもろハイパー |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。